iPhone 3Gケースレビュー。私の大本命 CapsuleRebel編

iPhone 3Gに対応したケースをご紹介するこのシリーズ。
 
第4弾は、CapsuleRebel for iPhone 3Gをレビューしちゃいます。
 
CapsuleRebelは、シリコンジャケットの様なインナーシェルと、ハードな外部構造フレームとからなる、ちょっと変わったケース。
個人的には、ダブル構造で衝撃をばっちり吸収し、さらにデザインもなかなかということで、大本命と考えていましたが、果たしてその実力は如何に!?…
 

DSCF9020.jpg DSCF9021.jpg

こちらがパッケージ。デザインに特徴のある背面をアピールするパッケージになっています。
 
 

DSCF9023.jpg DSCF9022.jpg

こちらがケース本体。2重構造の割にはコンパクトに見えます。
付属品も多数あり。こちらは後ほど詳しく。
 

DSCF9026.jpg DSCF9027.jpg

2つのケースを分離。インナーケースは思ったより薄く、こちらでの衝撃吸収はあまり望めないかな?
 

DSCF9028.jpg DSCF9029.jpg

インナーを装着し、次に外部構造フレームを装着。ピッタリフィットです。
 

DSCF9039.jpg DSCF9038.jpg

インパクトのある背面のデザイン。2重構造ですが、シリコンジャケットのICEWEARより、やや小さいくらいに収まっています。
 
細部を見ていきます。

DSCF9031.jpg DSCF9035.jpg

上部。スリープボタンはケース越しに押せます。特に違和感なし。
ヘッドホンは、純正くらいの径の物が限界かな。
 

DSCF9032.jpg DSCF9044.jpg

カメラの視界はOK。
Dockコネクタ用のフタが付いています。これならホコリの侵入なども防げます。
 

DSCF9036.jpg DSCF9037.jpg

縁は高くなく、幅も小さいので、入力の邪魔になる事ななさそう。
もちろんホームボタンはザックリ空いているので、全く問題無し。
 
左側面のスイッチ類をチェック。

DSCF9040.jpg DSCF9057.JPG

サイレントスイッチは、深さありますが、それほど操作性は悪くないかな。
音量調整ボタンは、スリープボタンと同様、ケース上から押すのですが、ここで、問題発生!!
なんだか、音量調整ボタンのところが膨らんでません?
 

DSCF9043.jpg DSCF9055.JPG

ボタンの周辺を押しただで、ボタン反応。音量が変わってしまいます。ここはちょうど親指が来るので、かなりうっとうしい。
ケースの内側を見ると、ボタンが当る部分が凹みがあるのですが、これがちょっと浅過ぎなのかな?
 
これについては、メーカに問い合わせましたが、他にこのような不具合が起きていないとのこと。とりあえず送り返して確認していただくことになりました。恐らく不良品だと思うのですが…。
 
 
最後に、付属品をチェックしておきます。

DSCF9049.jpg

これが付属品オールスターズ。
 

DSCF9045.jpg DSCF9046.jpg

こちらは、Dockアダプタ。Universal Dock対応機器で、iPhoneをケースをいれたままでセットできます。こらはありがいたい!!
ただし、先日ご紹介したiPhone専用Dockには使えません。(Universal DockならOK)
 

DSCF9047.jpg DSCF9048.jpg

こちらはスタンド。iPod touchにも付いていたアレですね。ビデオを見たりするのに便利。
 
他にも、保護フィルムが2枚や、クリーニングクロス、前述のDockのフタ、さらにAmazonで販売されている限定版には、コードマネージャーも付属しています。
 
 
実際に使ってみた感じは、思ったよりコンパクトで持ち易いです。インナーは若干すべすべしますが、フレームがいい滑り止めになっています。
デザイン的にも気に入り(他のカラーも気になりますが…)、これはお世話になれそう!!と思ったのですが、音量ボタンがほんとに残念…。
他の方のレビューを見ても、このような不具合は報告されていないので、おそれく不良品だと思います。
メーカの対応を待ちたいと思います。また、報告しますね。
 
続きはこちら
続CapsuleRebel編完結編
 
 
これまでのアクセサリレビュー、これからレビュー予定はこちらです。
iPhone 3G対応アクセサリカタログはこちらです。

 
Apple Store(Japan)
 
追記:その後、音量ボタンの問題は出ていないという、読者さんからの報告多数です。金型修正がされたのかもしれません。




10 件のコメント

  • 私のカバーも同じでしたよ。
    フチを押すと音量が大きくなりました。
    ブログでも紹介していますが、私はボタンカバーの部分を切ってしまいました。
    金型の問題なのだと思います。
    ホームボタンの周辺の納まりも緩いですし、まぁ、こんなものでしょうね。
    日本のメーカーが同じ物を作ったら、もう少しクオリティが高いのでしょうけど...。

  • 私も使用してますが、ボリュームボタンの場所は同じような感じですね^^;
    インナーケースがそこそこ厚みあったので、ドリルでストラップホール作成して使ってます。
     

  • 僕も愛用してます!とりあえずパワサポのAIRまではこれ一筋です!
    音量調整ですがおそらく個体差や、入れ方などが関係あるかもしれないですね。。。
    僕も最初はすごい反応してたのですが、アウター外したりしてるうちに反応がちょうど良くなり、さらにつけ外ししまくったら音量の-だけへっこみました!w
    形状が崩れてくるのであまり付け外しは控えたほうが良いですね。
    保護フィルムはケースに合いません。端に空気が入ってしまいます。
    しゅん爺さんのフィルムはちょうどよさそうですね。。
    ウラヤマシス…ToT
     

  • ピンバイス等を使えば簡単に開きます。
    私は工具を用意していないので、手元にあった「精密ドライバー」のマイナス(1.4mm)を使ってカリカリしました。
    コツをつかめば数分で開けられると思います。
    熱した針金で小さく穴を貫通させてから、少しずつ大きくして行く方が失敗しないかもしれません。
    私はネックピースを使っているので、最終的な位置を左下の角にしました。
    どこにつけるかを良く考えて開けて下さいね。

  • 2番目にカキコした者です。
    ストラップホールの位置なのですが、ケース下側のマークの上の部分を細い電動ドリルでさくっと作成。
    引っ張ってもケースが歪んだりしないのでいい感じですよ。

  • ありがとうございます!
    ブログ拝見したのですが僕もこの位置しかないと思います^^
    ただもう一度保護フィルムとの格闘が。。。

  • >FOOTBALL-DREAMERさん
    アツアウツのガビョーで穴あけてから精密ドライバでゴリゴリしました。やはり付け外ししすぎてるせいか形状が。。。なんとか戻せましたがwにしてもありがとです^^
    これで落とす確率がグーンと下がりました!

    >2番目の方
    こっちは歪まないのですか!
    購入予定の色違いの方で試してみます!

  • みなさんコメントありがとうございます。
    程度は違うかもしれませんが、音量調節ボタンの不具合はあるみたいですね。かなりガッカリ。
    もし、交換品もNGなら、FOOTBALL-DREAMER さんが書かれているように、切ってしまおうかなぁ…。
     
     

  • こちらの記事を読ませて頂いて、購入しました。全般的に気に入ってるんですが、やはり、ボリュームボタンの所は当方も同じでしたよ。
    で、FOOTBALL-DREAMERさんのようなボタン部分全部ではなく、上の方にすっとカッターで切り込みを入れたら、干渉しなくなりました。正確には触れてるんですけど、押し込みまでの圧力がかからなくなった、と言うのが正しいです。参考まで。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。