NetShare+MacBook Airを使ってみました。その2

iPhoneをモデム化して、パソコンなどでネット接続できる夢のアプリNetShare
前回は、いいことばかり書きましたが、今回は唯一とも言える?弱点について。
 
その弱点とは、
バッテリの消費がハンパではない!!
ということ。
 
NetShare自体がバッテリを消費しているわけではなく、3GとWi-Fiでパソコンと通信するのに食う電力がもの凄い様です。
 
どれくらい凄いかというと、iPhoneを充電しながら使っても、バッテリが減る!!くらいです。
iPhoneをMacBook AirとUSBで繋いで電源供給しているのですが、通信を控えにして、なんとか現状維持くらいにはなりますが、ガンガン通信すると徐々にiPhoneのバッテリが減っていきます。
電力の供給が、需要に追いついていないようです。
 
 


通常iPhoneだけの通信では、3GかWi-Fiどちらかだけの通信になります(多少の同時進行はあるとは思いますが)が、NetShareを使うと、3GもWi-Fiも同時進行。3Gで受信したデータを、同時にWi-FiでMacに飛ばさなければなりません。
さらにパソコン上では、複数のSafariのウインドウを開いたり、iTunesとSafariで同時作業もできますから、iPhoneは息のつく暇もないという感じなんでしょう。
 
また、iPhoneがスリープに入ると通信が切れてしまう為、自動ロックの設定を「しない」で使用しなければならず、特に必要のないスクリーンも常にONとなってしまう為、されにバッテリが消費します。
この無駄をなくす方法として、iPhoneに電源供給しながら使うと、スリープしても通信が切れないようなので、電源供給しながら使うことをお勧めします。(ワイヤレスの美しさは失われますが…)
 
正直、こんなに激しい使い方をして、iPhoneのバッテリに悪い影響がないのか、心配ではあります。あまり無理をさせすぎて、寿命に影響はないのかなぁ。
iPhoneのバッテリは、購入後1年間は交換してくれない規約になっているので、あまり無理はさせたくないのですが…。
 
 
と、いうのが、私の思うNetShare唯一の弱点でした。この弱点を克服して、Wi-Fiを介さずに、USB経由で通信してくれれば、無駄なバッテリ食わずにすむんですけどね~。
 
バッテリが簡単に交換できない為、バッテリがらみでは、ほんと頭が痛いです。
なかなか自分にぴったりな外付けバッテリも見つからず…。これについては、また後日。
 




5 件のコメント

  • 電源供給していないときでも、音楽を流しながらスリープモードにすると、通信はきれないようですよ。電源消費の原因としては、液晶のバックライトもかなりのウェイトをしめていると思いますので、これで、かなりうかすことができるのではないでしょうか?

  • jjさん
    eneloop mobile boosterでは、L3で失敗しました、L2はネットで成功報告が多数あるので、挑戦したいと思います。
    http://iphonefan.net/103715420-html
     
    ばぶころさん
    ありがとうございます。それも1つの手ですね。
    これならケーブルの無いままNetShareできますね。
     
    NRBQさん
    エネループ2本だとちょっと、不安かも。
    それにエレループ2本タイプのeneloop mobile boosterでは、iPhoneで駄目だったという報告もあったような?(未確認)
    注意が必要かと思います。
     
    _さん
    大丈夫ですよ~。NetShareが定額内になることは確認済みです。
     

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。