iPhoneバッテリレビュー三連発!! リベンジeneloop!! KBC-L2S編 その1

iPhoneの便利さ、楽しさを知れば知る程、厳しくなるバッテリ事情。これまでにもいくつか紹介してきましたが、ここらで気合いを入れてガッツリレビューしたいと思います。
 
第2夜は、サンヨーさんのUSB出力付リチウムイオンバッテリーeneloop mobile booster KBC-L2Sです。
 
同シリーズのKBC-L3Sレビューでは、撃沈しておりますが、今回はその兄貴分のKBC-L2Sを試します。
すでに、ネット上での成功例も多数で、お使いの方もいると思いますが、私なるのレビューをお届けします。
 
まずは、前回失敗したKBC-L3Sとの比較から。

DSCF9366.jpg DSCF9367.jpg

まず驚いたのが、パッケージの大きさの差。L2Sの方が厚みが2倍程あります。
 
 

DSCF9371.jpg DSCF9382.jpg

厚さの秘密は、付属品。L2Sには、専用の充電用ACアダプタが付属しています。もう1つはUSBケーブル。
これも一緒に持ち歩くなるとかさばってしまいますが、仕様を見ると「5V 1.0A」となっているので、iPhoneに付属のACアダプタやモバイルクルーザーでも代用できそうです。
 

DSCF9374.jpg DSCF9375.jpg

L3Sとサイズを比べると、横幅と厚みは全く同じ。縦の長さが5/3くらいですね。
最初はコンパクト差を求めてL3Sを選んだんですが、この程度の差で容量が2倍なら、最初からL2Sにすればよかった…。
 

DSCF9379.jpg DSCF9380.jpg

左側面には出力用のUSBポート。L2Sは2個の機器を同時に充電できます。しかし、iPhone充電時に他の機器も同時充電しようとすると、L3Sと同じく充電が中断される問題がでるようです。
右側面には、入力端子。付属のACアダプタ用と、USB経由での充電用。あと、ストラップホールもあります。
 

DSCF9377.jpg DSCF9369.jpg

容量は、L3Sが3.7V/2500mAh(5V換算で1850mAh)、L2Sが3.7V/5000mAh(5V換算で3700mAh)で、ちょうど2倍。
充電時間はACアダプタ経由なら7時間、USB端子からだと14時間!! やはりACアダプタが必須ですね。
 

DSCF9385.jpg DSCF9383.jpg

デザイン的には、ホワイトのiPhoneにピッタリ!! これ以上の組み合わせはないでしょう。
 
それでは、付属のACアダプタで充電開始。
iPhoneへの充電は次回またお伝えします。
 
これまでのアクセサリレビュー、これからレビュー予定はこちらです。
iPhone 3G対応の充電、バッテリ関連グッズはこちらです。

 
Apple Store(Japan)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。