iPhoneアクセレビュー 充電/同期切換ケーブル「Tune Blocker」を試す

先日ご紹介した、充電と同期を切換えられるスイッチャブルUSB Dockケーブル「Matias Tune Blockerが届きましたので、早速使ってみました。
 

tuneblocker_01.jpg tuneblocker_02.jpg

まずは、パッケージから。
 
 

tuneblocker_03.jpg tuneblocker_18.jpg

ケーブル本体と、取り説一枚のシンプルな中身。
同期をブロックするメリットが3つ書かれています。
個人的には、会社で充電するとき、通信されないのがうれしい。もしiPhoneにウイルス入ってて..とか怖いし。最近、情報セキュリティがうるさいんですよね。
 

tuneblocker_04.jpg tuneblocker_05.jpg

超シンプルな取説。カードですね。
 

tuneblocker_10.jpg tuneblocker_09.jpg

ケーブルの長さは、スイッチから両コネクタまで45㎜。もうちょっと短くてもいいかな?
 

tuneblocker_19.jpg tuneblocker_20.jpg

Dockコネクタは純正よりちょっと大きい。
 

tuneblocker_07.jpg tuneblocker_08.jpg

スイッチは、稲妻マークで「充電のみ」、同期マークで「充電+同期」。シンプル。
 

tuneblocker_11.jpg tuneblocker_12.jpg

ちゃんとその通り動作します。
ちなみに、「充電のみ」でパソコンに繋げた状態で、スイッチを「充電+同期」に切換えてみましたが、同期がはじまることはありませんでした。抜き差しすると同期もされました。どういう仕組みなんでしょうね?
 

tuneblocker_16.jpg tuneblocker_17.jpg

アップルの純正Dockを愛用していますが、これに繋げても、ちゃんと動作しました。これで使おうっと。
 
「Tune Blocker」を探す⇒Amazon楽天
iPhone対応充電グッズカタログはこちら
 
これまでのiPhoneアクセサリレビュー一覧はこちら

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。