iPhoneアクセサリレビュー 太陽光充電器「Solio mono」を試す。

今回レビューするのは、ポータブルソーラーバッテリ「Solio mono」 です。
元々3枚仕様だったSolioが1枚になった商品です。
 
soliomono_02.jpg soliomono_01.jpg
まずは、パッケージ。扉を開くとソーラーパネルが。
 
 


soliomono_04.jpg soliomono_06.jpg
サイズは、ほぼiPhone。厚さは2倍くらい。
 
soliomono_07.jpg soliomono_08.jpg
ソーラーパネルは保護されていて、しっかりしています。触っても問題無し。
コネクタにはキャップが付いているので、少々濡れても大丈夫そう。アウトドアでの使用も安心です。
 
soliomono_10.jpg soliomono_09.jpg
背面にはバッテリー残量などが表示されるインジケータ兼、スイッチ。
付属品は、カラビナ、USBからの充電ケーブル、シガーソケットからの充電ケーブル、出力用のUSBコネクタ等が付属。
 
soliomono_11.jpg soliomono_12.jpg
満充電には約20時間かかります。(バッテリ容量は1000mAh)
意外だったのは、ガラス越しの充電はNGだということ。ソーラーパネルの故障の原因になるそうです。(なんで?)
 
soliomono_16.jpg soliomono_18.jpg
それでは、充電開始。充電を開始するには、太陽の光の下に置くだけ。何もスイッチを押したりする必要がありません。こりゃ便利。
充電中は、背面のインジケータが赤に。
このまま、4時間程充電しました。天気は晴れ。気温は22度でした。
 
soliomono_19.jpg soliomono_20.jpg
で、iPhoneへの充電。solioから、付属のケーブル、変換コネクタ、Dock⇔USBケーブルをハシゴして、iPhoneへ。直に繋げるケーブルがあるといいなぁ。
iPhoneの残量は10%くらいから充電スタート。iPhoneの表示は充電中の「稲妻マーク」に。
 
soliomono_22.jpgほぼ終わった所で、これくらいの残量に。solioの内蔵バッテリが1000mAhで、満充電20時間のところ、4時間の充電ですから、スペック通りという感じですかね。
 
 
アウトドアでも安心の造りで、とりあえずぶら下げておけば、勝手に充電されるのも便利。紙製のHYminiよりパネルは小さいけど、こちらの方が使い勝手は良さそうです。
満充電まで20時間かかるのは、ちょっとしんどいですが、登山とか1日中外にいるならそれなりに使えそう。それでも足りない場合は、3枚仕様のSolioをどうぞ。

 
「Solio mono」を探す⇒Amazon 楽天 Yahoo!ショッピング
「Solio」を探す⇒Amazon 楽天 Yahoo!ショッピング
 
他にもあります、太陽光タイプ。iPhone対応充電グッズはこちら

 


 




1 個のコメント

  • こんばんは。いつもiPhone FANを拝見させて頂いております。
    この度、iPhone/iPod touch向けクーポンサイト(Webアプリケーション)を開設しました。β版ですがどうぞご利用ください。
    (当初、icouponという名前で開発を進めていましたが、iPhone FANさんと被ってしまったので、iQponに名称変更しました(笑)
    http://icoupon.web.fc2.com/

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。