iPhoneアクセサリレビュー 大容量バッテリ内蔵クレードル「iPower」

今回ご紹介するのは、iPhone対応のバッテリ内蔵クレードル「iPowerです。
 
iPhoneに装着するタイプとしては、最大級の2400mAhのバッテリを内蔵していながら、価格は4980円とかなりお買い得なこの商品。その実力をチェックします。
 
batteribox_01.jpg batteribox_02.jpg
iPhone本体の様なしかっりした箱のパッケージ。上フタの内側のスポンジもiPhoneのパッケージを再現?
 
 


batteribox_03.jpg batteribox_04.jpg
箱形のボディ。艶のある素材でiPhoneとも合いそう。
 
batteribox_05.jpg batteribox_06.jpg
Dockコネクタ周り。残量を示すインジケータと、電源ボタン。
さらにその下に、Dockコネクタのメス。ここにケーブルを接続して、iPowerへの充電、iPhoneの同期も可能。
 
batteribox_07.jpg batteribox_08.jpg背面には、カメラ穴とスピーカー。他のジャケット型バッテリーには無い特徴ですね。
表面を見ると、スライドするギミック。iPhoneをセットする時に開きます。
 
batteribox_19.jpg batteribox_09.jpg
それでは、セット。
iPhoneの頭の方で、iPowerのスライド部分を押し開きながら、Dockを接続します。
 
batteribox_18.jpg batteribox_12.jpg
ボタンへのアクセスをチェック。
音量ボタンはOK。サイレントスイッチは、ちょっと切換え辛いかな。
右下にも音量ボタンがあります。こちらはiPowerのスピーカーの音量調節。iPowerへの接続中は、iPhoneからのスピーカからは音は出ず、iPowerのスピーカーから音が出ます。
 
batteribox_10.jpg batteribox_14.jpg
スリープボタンは、問題なし。ヘッドホン端子もこれだけ空いていればOKでしょう。
側面は完全フリーなので、キーボードへのアクセスは全く問題ありません。
 
底面にスピーカーがあり、ベタっと置くと、音がこもった様に感じます。で、不安定ですが、横に縦ら無くもないけど、イマイチかな?

ちょっとゴツいですが、装着したままでも使えるということで、ジャケット型のバッテリーとスペック比較してみますと..
 

41Pl9qDTY8L._SL160_AA115_.jpgmohiasww.png415EfwtYMJL._SL160_AA160_.jpg31-fHbzq9wL._SL160_AA160_.jpg

画像の左から、
Juice Pack for iPhone 3Gレビュー
 66×115×20mm 80g 1800mAh 1万円前後
Juice Pack Air iPhone 3G(近々レビュー予定)
 66×124×19mm 65g 1200mAh 9,980円
MiLi Power Pack for iPhone
 66x126x66x23mm 79.5g 2000mAh 7,980円
iPower 3G
 65x129x21mm 93g 2400mAh 4,980円
 
数値的には、iPowerも意外にスリム。ただ、側面にあまり丸みがないので、実際に持ってみると大きく感じるのかも。基本的には、置いて使うことを想定されているのかな。
 
単純に、バッテリ容量と価格のコストパフォーマンスでみると圧倒的。これだけのバッテリ容量があれば、さらに予備として、eneloop KBC-L2Sレビュー)などを準備する必要もないでしょう。
デザイン的にもう一歩なところもありますが(個人的に)、とにかくバッテリ容量重視なら、おすすめ出来るかと。
 
 
「iPower 3G」を探す⇒Amazon 楽天
iPhone対応バッテリカタログはこちら
 
これまでのアクセサリレビュー一覧はこちら

 




2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。