ジャケット&ホルスター&スタンド=CLIPPINGHOLSTERを試す。

久々のケースレビューです。
 
今回ご紹介するのは、TUNEWEARさんの新作、クリッピングホルスターケース「CLIPPINGHOLSTER for iPhone 3GS/3Gです。
 
背面ジャケットで、ホルスターにもなる。そしてスタンドとしても使える、3得ケースです。
こういうタイプのケースは初めての体験。使い勝手はいかがなもんでしょ。
 
DSCF2858.JPG DSCF2859.JPG
こちらがパッケージ。TUNEWEARさんおなじみのピンクがアクセントの箱。
ジャケットと、ホルスターの2つが見えます。
 
 


DSCF2861.JPG DSCF2862.JPG
こちらが中身。左から、ホルスター、ジャケット、ケーブルワインダー、液晶保護フィルムとクリーニングクロス。
ケーブルワインダーは、小さいけどiPhoneのヘッドホンはこれくらいしっかり収納。ただ、個人的にはデザインが..。チョコドーナツ風です。
 
3GSの方は、液晶保護フィルムは貼らないことをオススメします。せっかくの耐指紋仕様が台無し。
 
DSCF2863.JPG DSCF2882.JPG
まずは、ジャケットを装着。横からiPhoneを滑り込ませます。
四隅のスリットのおかげか、装着は無理なくスムーズ。
 
DSCF2864.JPG DSCF2865.JPG
装着完了。マット質感は、噂に終わったあのiPhoneを彷彿とさせます。
なかなかの薄型で、各ボタンへのアクセスも問題なさそう。
 
DSCF2866.JPG DSCF2867.JPG
底面へのアクセス問題無し。天面は、イヤホンジャックがちょっと狭苦しいけど、とりあえず純正ヘッドホンは問題無し。
 
DSCF2883.JPG DSCF2868.JPG
穴は小さめですが、カメラも問題無し。
スクリーン面への張り出しも最小限で、入力の邪魔にはならず。
 
 
つづいては、ホルスター。
 
DSCF2869.JPG DSCF2870.JPG
こちらも、ジャケット同様、マットなブラック。
背面には、大型のクリップ。それなりの強さですが、個人的にはもうちょっと強い方が安心かな。
 
DSCF2873.JPG DSCF2884.JPG
ジャケットをまとったiPhoneを縦方向にスライドさせて挿入。ジャケットも、ホルスターも滑りのより素材同士で、スルッと入ります。でも緩すぎることもなく、こりゃ絶妙。
スクリーンを外向きにしても、内向きにしても、どっちでも入ります。
 
DSCF2876.JPG DSCF2877.JPG
ホルスターのクリップは、スタンドにもなります。クリップは回転できるので、縦置きも横置きもOK。
 
DSCF2879.JPG DSCF2880.JPG
クリップの開き加減でスタンドの角度が調整できますが、正直、ほとんど角度が変わらない…。
 
いっそのこと、ひっくり返しちゃった方が、いい角度になります。
ちょっと、触るとふわふわするけど、ビデオを見るだけなら支障無し。

ジャケット系が好きな方には、ジャケットだけでもオススメできるくらいの、いい質感と薄さ。ただ、薄さ故、耐衝撃性はあまり期待すべきじゃないかも(これはハードタイプのジャケットならどれにでも言えることですが…)。
 
使い勝手で重要なのが、ホルスターへの着脱。上にも書いた様に、その滑りは秀逸で、片手でもiPhoneを出し入れできます。それでいて、勝手にiPhoneが飛び出すこともない感じ。
ジャケットだけで使うときは、このすべすべ感で、滑り易いかも。ちょっと注意。
 
 
個人的にはなかなかの良い品かと。ジャケット好きもホルスター好きも、検討に値すると思います。
 
 
「CLIPPINGHOLSTER」を探す⇒Amazon楽天
 
iPhone対応ケースカタログはこちらです。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。