iPhoneアクセサリレビュー 直付けストラップ「poddities」を試す。

今回レビューするのは、先日もご紹介した、iPhoneに直づけできるストラップ「Poddities」。
世界初の初の2本ネジ固定タイプストラップを、取り付けちゃいます!!
 

  

 


いろいろでデザインがあるPodditiesですが、今回レビューするのは、フックストラップ (黒レザー) タイプ。
 
poddities_001.jpg poddities_002.jpg
ストラップ本体と、取り付けネジ、ドライバーのセット。裏目には、取り付け方法が詳しく紹介。
 
poddities_003.jpg poddities_004.jpg
思ったより大きいストラップ。固めのレザーでしっかりしています。
 
poddities_005.jpg poddities_006.jpg
気になるのが、iPhoneと接する金具部分。とりあえずiPhoneにフィットする曲線で、表面も滑らかそう。
付属のネジは、予備も含めて3個。
 
poddities_007.jpg poddities_008.jpg
それでは、ネジ外すぞ~。(ネジを外すとアップルの保証外になるので、今回は隠居中の3Gでお試し。)
緊張しつつ、ネジを回す。意外に緩い。
 
poddities_009.jpg poddities_010.jpg
ネジを外したiPhone。これでけで、いきなりパカッとばらけてしまうことはないみたい。
短い方が、取り外したネジ。長いのが、podditiesのネジ。ネジには、ゆるみ止めの接着剤が付着しているようです。
 
poddities_011.jpg poddities_012.jpg
続いて取付け。
ストラップをiPhoneにあてがい、両側のネジを少しずつ均等に締めてつけていく。
どこまで締め付けるかが、かなりドキドキ。締め過ぎて、ネジがバカになったら、もう外せない…。
 
poddities_013.jpg poddities_014.jpg
装着完了。iPhoneくらいの重さなら、全く問題無さそうな感じ。
 
poddities_015.jpg poddities_016.jpg
金具は、iPhoneのプラスチック部分にのみ、接地しており、メタルな縁の部分からは、若干浮いているみたい。
ストラップを着けた状態で、iPhoneを平面に置くと、iPhoneが少し浮きます。置いたまま電卓とか使う時、ちょっと不安定かな。
 
poddities_017.jpg poddities_018.jpg
ストラップの穴は、私の場合、人差し指の先くらいなら入るサイズ。でも、指を通したままiPhoneを持つというのは、ベルトの固さと位置的な関係で、ちょっと難しかったです。
ストラップを着けたままのDockコネクタ装着は問題なし。
 
 
といわけで、Podditiesのレビューでした。
 
裸族の人でも、これでストラップが手に入りますが、問題はどう使うか。ずっと裸族の人は、特にストラップが必要と感じない人も多いかと思います。
iPhoneをベルトにぶら下げるとか、これまでと違う新しいスタイルをお望みなら、オススメできると思います。
 
私は、腰にぶら下げるスタイルを考えているのですが、それだと今回のフックストラップ タイプだと、カラビナとかが必要になるので、 ベルトループ タイプの方が、いいかもしれません。
腰に、直接iPhoneがぶら下げている感じって、結構目立つかなぁ。
 
 
iPhone対応ケースカタログはこちらです。
 

amadana(アマダナ)




3 件のコメント

  • 購入を迷ってるんですが、このストラップは
    Clarifi(マクロレンズケース)やエアジャケつけた
    ままでも取り付け可能なのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  • こんばんわ
    自分も3Gのときはvajaでがっちりカバーしていたのですが、今回は裸が一番だと思いNETSUKEかエザンスのかで迷い結局エザンスの方がすっきりしていてかっこよく感じたのでエザンスを注文しまして今日明日くらいには到着予定です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。