iPhone直付けストラップ「Poddities」に定番ケースを着けてみた。

先日レビューした、iPhoneに直づけできるストラップ「Podditiesですが、さらにいろいろ試してみました。
 

  

 
気になってる方も多いと思う、ケースとの併用。
まずは、定番ケース「Airジャケットセットでチェック。
 
 


podddddd_01.jpg podddddd_02.jpg
 
podddddd_03.jpg podddddd_04.jpg
 
全く問題無し。干渉しませんでした。
 
 
次に、マクロレンズ付きケース「Griffin Technology Clarifi for iPhone 3G
 
podddddd_05.jpg podddddd_06.jpg
 
Dock部分が穴になっているので、Podditiesを通して行きますが、金具が当って、奥まで入りません。
 
podddddd_08.jpg podddddd_09.jpg
 
ならば、ケースを着けてから、あとからPodditiesを取付ければ?
これもNG。やはり、ケースに干渉します。残念。(3GSならマクロレンズも必要ないか…)
 
 
最後に、ケーブル。純正ケーブルはOKでしたが、他のケーブルはどうでしょう。
他社製の巻取式のケーブルで試します。
 
podddddd_11.jpg podddddd_10.jpg
使えました。ただ、左右にボタンのあるタイプのDockコネクタだったのですが、多少ハマりが浅い為か、爪がカチャっとなるところまでは入りませんでした。よって、左右のボタンを押さなくても外れます。
 
 
ちなみに、夏休みの1週間弱、家の中ではなるべくPodditiesを着けたiPhone 3Gを持ち歩いてみたのですが、ネジが緩んだりすることもなく使えました。
その後、外してiPhoneに跡が残っていないか確認しましたが、大丈夫でした。
 

podddddd_07.jpg

 
ということで、参考になったかな?
私が着けているのは、フック (黒レザー)タイプなのですが、ループタイプにも惹かれます…。思い切って3GSに着けちゃおうかなぁ。
 
 
iPhone対応ケースカタログはこちらです。
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。