iPhoneのスマートフォン世界シェアは17%。日本では?

日本では常にランキングでも上位にランクインしているiPhone。
しかし、世界的にみるとそれほどでもならしいです。
 
2009年第3四半期(7~9月)世界スマートフォン市場シェアは下記の様になっているそうです。
 

スクリーンショット(2009-11-07 20.54.33).png
APPLE LINKAGEさんより)

 


アップルのシェアは17.1%で3位となっています。BlackBerry(RIM社)に逆転されているような状況です。
 
日本でのiPhoneのスマートフォンのシェアは、おそらく9割を超えていると思います。
さらに、App Storeiconのアプリは10万本を超え、飛ぶ鳥を落とす勢いって感じがしますけど、世界的に見れば、そうでもないんですね~。
 
でも、AndroidもライバルはiPhoneとかいいますよね。スマートフォンでも、タッチパネル系とそれ以外では、別枠という感じなんでしょうか。
 
そもそもスマートフォンとは何なのか? Wikipediaには、こんなことが書いてあった

国際的にみた「smartphone」は原義としては「賢い電話」であり、日本語に意訳すれば「多機能電話・高付加価値電話」等となる。だが携帯電話に限らず「多機能化」自体は日本人にとっては特に目新しい概念ではなく、後述するように欧米でのスマートフォンの発達と同時期に日本の携帯電話は独自に高機能化を進めていた。そのため日本においてはスマートフォンという概念が極めて見えにくくなっている。

なるほどね、日本でのスマートフォンのシェアというのは、はじき出すのは、ちょっと難しいのかもしれません。
 
でもiPhoneは、そのうち日本の携帯電話全体でかなりのシェアとるんじゃないかなぁ、と勝手に思っています。きっと日本では、ヘタにiPhoneはスマートフォンだ!!とか言わない方がいいでしょうね。
 




4 件のコメント

  • はじめまして初コメです。
    アップルからアプリに対して一定の制限があるわけですからiPhoneはガラケーの頂点とも言えるかもしれませんね。
    国内シェアについてですが、iPhone・WM・アンドロイド・ブラックベリーをスマートフォンとカテゴライズすればiPhoneのシェアは7~8割程度ではないかと思います。W‐ZEROシリーズはそれなりに売れてますし。

  • ガラケーとは通産省が海外進出に失敗した=ガラパゴス化した国産携帯に付けたニックネームですよ。W-ZERO3は15万台も売れたんですが、いま稼働してるのは何台でしょうかね。私も初代、es、ades、03と買い増しして持ってましたがiPhone購入とともに回線ごとさっさと処分してしまいました(笑)さっぱり実用になりませんから。まあ、なんとも懐かしい機種ですね。

  • 私はiphoneやandroidの性能というより『なんとなくスマホといえばiphone』みたいなイメージ先行で、これからも日本だけはiphoneが主流であり続けると思ってます。検索エンジンのシェアがグーグルよりYahoo!の方が上っていうのは日本くらいですが、これも、『前からなんとなくYahoo!を使ってるし…』っていうのが主な理由だそうです。まあ日本人の国民性でしょう。『なんとなく』で生活する日本人…もう、いいんじゃないのですか。意識なんてかわらないだろうし。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。