次期iPhoneに謎の新機能!? 背面にもタッチセンサ搭載?

このことろ、タブレットに加えて、次期iPhoneについても噂が盛り上がっていますが、ちょっと面白い噂がでてきました。
 
ロバート・チェンというアナリストが、次期iPhoneの背面には、Magic Mouseのようにタッチセンサー式のプラスチック筐体が採用される述べているそうです。
 
 


これは、いままでになかった話しですね。
デュアルコアとか、ビデオチャットという新機能もいいですが、他がやっていないアップルらしい新機能になりそうな予感!!
 
そういえば、こんな特許がアップルから出ていました。
 

applle-ipod-and-iphone-nano-with-to.jpg

背面をタッチパネルで操作するというもの。今回の噂に合致するかも。
 
で、実際どんなメリットや機能が考えられるのか…
・ディスプレイが汚れない
・タップ時にも画面が隠れない。
・前面と背面を組み合わせた新たな操作が可能
 
具体的なことは思いつかないけど、結構たのしいことになりそう…
さらに、妄想をすれば、タブレットにも同じが技術が採用されないかな?
タッチにはちょっと広過ぎるかもしれないので、左右の手がくるあたりの裏にタッチパネルを搭載して、トラックパッド的に操作するとか?
さらには、特許の記事にも書かれているけど、小さなiPod nanoをタッチパネルにしても、スクリーンを無駄なく使えたりする。
 
 
それにしても、続々出てきますね~。
火のないところに煙は立たない、といいますが、もしかして、27日のタブレット発表と合わせて何かiPhoneにも動きがあるのかも? あるいは、タブレットは「iPhoneのステロイド強化版」という噂もあるので、iPhoneとタブレットの噂がごっちゃになって出てきているだけかな?
 
あと2週間で全ては明らかに!?
 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。