App Storeがエロ排除に本腰!? 水着グラビアなど5000本を削除!!

hon.jp Day Watchさんに米Apple、iPhone上で水着グラビア電子書籍などの販売を原則禁止かという記事が掲載されていました。
 
記事によりますと、アップルは先週から、大人向けiPhoneアプリの規制を強化し、水着グラビア電子書籍など含む5,000個近いアプリを販売中止にしたとのことです。
 
この件に関してアップルは、「規制となるのは「性的興奮」を目的としたアプリすべてで、審査員側がそれに少しでも該当すると判断したアプリについては今後も審査段階で却下される」と述べているそうです。
 
 


確かに、いま電子書籍とか、エンターテインメントのランキングを見ても、かなりグラビア系のアプリが減っているように見えます。
先日も、ぷるるんメーカーの削除の件を書きましたが、本当にグラビア系まで削除が始まってしまうとは…。
 
App Storeiconのアプリには、元々レーティングが付いているし、ちゃんとインストールの時に、聞いてくるし、削除までしなくてもいいと思うんですが。
iPadの登場で、より大画面でグラビアが楽しめるという期待もあったのですが、アップルとしては、iPad登場前に、この問題にケジメをつけたかったという感じでしょうか。
 
「性的興奮」がどの線からなのか? 芸術性とエロの判断って、審査委員によってバラツキが出そうだし。この件、今後、物議を醸しそうな予感..。
 
 iTunes Store(Japan)




5 件のコメント

  • ランキングにグラビアアプリが乱立されるのは
    とても不愉快に思います。
    良質なアプリケーションがランクインされない事態を避けるには良い処置だったと思いますし、
    書籍グラビアアプリで無料ならWebアプリで十分な気がします。
     

  • 最近は全然関係の無いカテゴリーにもグラビアアプリが氾濫して目も当てられない状況でしたから、当然の措置ですね。

  • 当然の措置、なのかもしれませんが、ある日突然方針変換し、以前認可したアプリを削除するというのはかなり荒々しいやり方ですね。
    写真集の収入に頼っていた会社もあっただろうに。
    また開発者離れを引き起こさなければいいのですが。

  • 当然の処置であったと思いますよ。
    今回の件で引き合いに出されるGoogleアンドロイド携帯アプリ。
    “審査の無い自由”と言うのが売りで、多くのセクシー系アプリが増えるだろうけれども、同時に荒んだアプリ無法地帯になる危険性は非常に
    高いと思います。