アップル秘密主義の秘密。

ITmedia Newsさんに、Appleの秘密主義はサプライヤーにも? 記者が中国の工場で体験という記事が掲載されていました。
 
記事では、アップルが如何にして秘密を守っているかが書かれていています。なかなか興味深いです。
 
秘密を守るため、こんなこともしているそうです。

Appleは時折、契約している製造業者を試すために、違った製品を送ることがある。こうすることで、どこから情報が漏れたのかがすぐに分かると、同社のサプライチェーンをよく知る人物は言う。


新製品が登場間近になると、噂のスペックや画像がでてきますが、その中にはアップルが用意したウソ情報や製品がまじっているのかもしれませんね。
 
こんな小細工もあると思えば、かなりの力技もあり。アップルが直接指示しているわけではないと思いますが、メーカは秘密の維持にかなりのプレッシャーがかかっているようで…。
 
僕らのドキドキを演出するのは、大変なことなんですね。
 




1 個のコメント

  • ええっと、ダミー情報を流すってのは大きな企業だったらどこでもやってますよ。
     
    特に人件費の安い地域は小遣い稼ぎに情報を横流しする人、させる企業もあります。
    新製品の発表タイミングでインパクトが変わってしまうのは当たり前ですから当然のことですし、
    データを持ち出させないとかってハード面(システム的)な部分はどうにかなっても
    それ以外に技術情報の漏洩をソフト面(ヒューマン的、モラルの質のチェック)の調べを入れる方法はありませんからね。
     
    とくに海外は反Appleメディアとも言えるぐらい批判的に嘘をかき立てるメディアも多いんで…