Bluetooth対応FMトランスミッタ「SBT06」を試す。後編

Bluetooth搭載のFMトランスミッター「SBT06レビュー、後編です。(前編はこちら
 
今回はペアリング作業から。
 
それでは、iPhoneとSBT06を接続する、ペアリングを。
マニュアルには、ちゃんとiPhoneの場合のペアリング方法についても書かれています。

 

IMG_0080.jpg IMG_0081.jpg

SBT06をペアリングモードにすると、iPhoneが検出。接続できます。
コードの入力は不要。
 
で、使ってみます。
SBT06のジョグダイヤルで周波数を調整。カーオーディオのFMラジオの周波数に合せます。
 
あとは、 SBT06の再生ボタンを押すと、iPhoneのiPodが起動して、曲の再生スタートします。もう1度押せば停止。
 
残念ながら、iPhoneのBluetoothはAVRCPというプロファイルに対応していないので、曲送り、戻しはできません。次期iPhoneでの対応に期待。あるいは、SBT01(レビューはこちら)のような外付けのAVRCP対応のBluetootアダプタを使えば、曲送り/戻しもできるようになるはずです。
 
FMトランスミッタの音質ですが、同時にBluetoothを使っている事で、何か影響がないかちょっと不安でしたが、以前レビューした「iPhone&iPod FMトランスミッター with リモコン」(レビュー)と比べて、特に遜色なく、普通に聴けました。
 
 
続いては、通話機能について。
 
電話がかかってくると、車のスピーカから着信音が流れます。受話ボタンで通話開始。通話中は、相手の声は車のスピーカーから、こちらの声は、SBT06のマイクで拾われます。
 
発信は、受話ボタンの長押しでリダイヤルが可能です。

 
で、もう1つ気になるのは、iPhoneの音声コントロール機能。
 
以前紹介したBluetoothヘッドホンアダプタの「BIT-BSH18」(レビュー)ではアダプタから音声コントロールの呼び出しが可能でした。
 
もしSBT06も、これが可能なら、曲送り、曲戻し、さらに曲名の呼び出し、通話相手の呼び出しなど、究極のハンズフリー環境が出来上がるのですが…、残念ながらSBT06から音声コントロールを呼び出すことはできませんでした。iPhoneのホームボタンを長押しで音声コントロールを起動し、SBT06のマイクで指示することは可能だったのですが。これは実に惜しい!!

 
最後に、iPhone+SBT06(SBT06側の操作)で、できることをまとめておきます。
 
音楽機能
・再生/停止
 
電話機能
・受話
・リダイヤルでの発信
・着信拒否
 
共通
・音量調節
 
その他
・USBポートからのiPhone充電
 
といったところです。
 
iPhoneをポケットに入れておけば、車に乗ってSBT06の再生を押すだけで、iPhoneの曲が流れる。やはり、すべてワイヤレスで完結できるというのは、とってもらくちん。
機能的に、もうちょっと…というところもありますが、らくちんさとのバランスで、使う人の判断というところでしょうか。
でもやっぱり、次期iPhoneでは曲送り/戻しにも対応して欲しいなぁ…。
 
 
SBT06を探す⇒Amazon楽天
公式サイト bluetribe直販サイトFLIP Click
 

ボーズ・モバイルヘッドセット