iPadにDockってどんな感じ? 純正「iPad Dock」を試す。前編

続いてのiPadレビューは、アップル純正のiPad DockiPhoneではDockをお使いの方も多いと思いますが、果たしてiPadのDockの使い勝手は!? 詳しく見ていきます。
 
ipaddock_01.jpg ipaddock_02.jpg
パッケージはシンプル。価格は29ドル。ちなみに、iPhone用の純正Dockも29ドルなので、こっちの方が大きい分、お得感あり?
 
 


ipaddock_03.jpgipaddock_04.jpg中身も至ってシンプル。Dock本体に、ドキュメント2冊。
 
ipaddock_06.jpgipaddock_05.jpg
取説には、すでに日本語表記もあり。 
「ケーブルをコンピュータのUSBポートに差し込んでも充電が開始されますが、iPadを電源アダプタに接続するとより早く充電が完了します。」と書いていありますが、パソコンによっては、充電されないこともあるそうです。
 
ipaddock_07.jpg ipaddock_08.jpg
Dock本体登場。iPhoneの純正Dockよりひとまわり大きいですが、iPadに比べるとかなり小さい造りです。
 
ipaddock_09.jpg ipaddock_10.jpg
背面には、iPhoneのDockと同じく、LineOutとDockコネクタ。
どうでもいい話しですが、巻かれているフィルムの形状がすごい複雑。これは貼るの大変だろうなぁ。(破らずに剥がすのも大変でした。)
 
ipaddock_11.jpg ipaddock_13.jpg
iPhoneの同様、すごいエッジが効いてるので、手が切れそう。
裏面は、ゴム製で滑りにくく。「Designed by Apple in California」の刻印も。
iPhoneには、スピーカーの音が抜ける様に、スリットが切ってありますが、iPad用は無し。スピーカの下は、Dockで支える範囲外なので。
 
ipaddock_14.jpg ipaddock_12.jpg
コネクタの位置は、かなり背面に寄り気味。コネクタから左右に延びるグレーの部分は、一見ゴム製に見えますが、実はプラスチックで弾力性なし。
iPhoneは挿せませんでしたが、iPod nanoは挿せました。
 
ipaddock_17.jpg ipaddock_18.jpg
iPadを支えるため、後ろに延びた部分には、何か載せたくなっちゃいますね。(悪ノリ。)
 
ipaddock_21.jpg ipaddock_22.jpg
 
と、載せたところで、今回はここまで。後編に続きます。
 
 
Apple Storeの売り場へ→「iPad Dock
 




3 件のコメント

  • with Appleというお店でiPad入荷してますね!
    しかも良心的な値段です。
    もうちょっと待ったら良かったかな~。