GW渋滞もこれで安心?iPad車載モニタ化計画 その1 ホルダー編

前日もちょっと書きましたが、GWのロングドライブで子供が飽きないように、iPadを後部座席用のモニターとして設置するレビューです。
 
まず今回は、ホルダー編ということで、iPadを保持するホルダーを買ってみました。
今回ご用意したのはQBA11という商品。
 
ipadhoruda_1.jpg ipadhoruda_2.jpg
Q-Ban Kitシリーズのもので、このホルダと、様々な種類のスタンドを組み合わせる事で車載化できます。
 
 


ipadhoruda_3.jpg ipadhoruda_4.jpg
ホールド高さは、133mm~212mmまでいけるので、iPadを横長にホールドできます。
ホールド厚は、41~55mmとiPadは範囲外ですが、薄い分には何か足せばいいかな?ということで試してみます。
 
それでは、装着。
ipadhoruda_5.jpg ipadhoruda_6.jpg
背面のロックを外して、高さを調整してiPadをセット。
 
ipadhoruda_7.jpg DSCF6113.JPG
ホルダーを押さえつけながら、ロック。音量スイッチに被らないよう注意。
ホルダー自体は樹脂製で弾性があるので、そのしなりでガッチリ挟み込む感じ。iPadのアルミボディは頑丈(な感じがする)ので、少々強く締め付けても安心感があります。
あまり力をかけすぎるのが心配なら、シリコンケースを着せた状態で、使うといいかもしれません。
 
DSCF6147.JPG ipadhoruda_9.jpg
ということで、取り付け完了。
背面にホルダーとの隙間はありますが、がっちりホールドされているので、特に問題は無さそう。心配なら何か挟めばいいと思います。
 
 
次回は、スタンド編。前列席のヘッドレストに取付けるタイプのスタンドをご紹介します。
 
 
「QBA11」を探す⇒Amazon 楽天