iPhone X Gizmodo事件の新たな事実が明らかに。

CNET Newsさんによると、iPhone X Gizmodo事件の捜索令状の関連書類が公開されたそうです。
 
APPLE LINKAGEさんに、詳細(日本語訳)が掲載されています。
 
 


今までよりも、より詳細な事が書かれています。
簡単にまとめますと…
 
・Gizmodoには、盗品の購入もしくは受け取り、企業秘密の窃盗、他者の400ドル以上相当の所有物に対する悪意的損害の3つの重罪の疑いがある
 
・バーでiPhoneを入手した、ブライアン・ホーガンさんは、Gizmodoから8,500ドルを受け取る。
 
・さらに、実際にアップルがこのデバイスを発表した場合はさらなる報償金が支払われることになっていた。
 
・ホーガンさんのルームメイトは、ホーガンさんが勝手にこのiPhoneをルームメイトのコンピュータに接続した為、自分が疑われることを恐れて、アップルに通報。捜査にも全面協力。
 
・iPhoneが盗まれたか、紛失したかは不明だが、このiPhoneをバーに持ち込んだパウエル氏の記憶によると、バッグが倒れて、そのときにiPhoneが落ちた可能性がある。
 
・ホーガンさんのルームメイトや他の者は、パウエル氏のキャリアに影響する可能性があるため、iPhoneを売らないよう説得したようですが、ホーガンさんは考えを変えなかった。
 
・iPhoneはアップルに返却されたが、リボンケーブルの破損や、ネジの潰れ等の破損あった。
 
(全文は、APPLE LINKAGEでぜひ)
 
 
Gizmodoが何らかの罪に問われるのは、間違いなさそうですね。
 
なんかこの事件、映画になりそう…。
ルームメイト役は、ジャスティン・ロングさんでどうでしょう?
 
 
わが、iPhone FAN (^_^)vでも、Gizmodoに対抗して、次世代iPhoneのデザインのルーツ?を入手しました!?
 

スクリーンショット(2010-05-16 0.18.02).png

続報を待て!!(しょうもないネタですので、強制捜査しないでね..。)
 




5 件のコメント

  • このiPhoneがWWDC2010で発表されるのでしょうか?
    とても興味があるところです!

  • 目を細めてみると・・・「フリスク」に見えるのですが、どうでしょうか?