iPhone 4ケースレビュー「カラフル・シェルジャケット」を試す。

今夜のターゲットは、レイアウトさんの薄型の背面用ジャケット「カラフル・シェルジャケットです。
前回のTUNEWEARさんの「Clear Case for iPhone 4」に続いて、今回もいわゆるAirジャケ系。色以外は似ているけど、どんな違いがあるかな?
 
rayout_colorfulljucket_01.JPG rayout_colorfulljucket_18.JPG
 


パステルカラーな6色バリエーションの中から、今回はアイスブルーをチェックします。
ケースの他に、液晶保護フィルム(クリアタイプ)が付属。詳しい貼り方解説付き。
 
 
rayout_colorfulljucket_02.JPG rayout_colorfulljucket_03.JPG
 
パッケージは、ケース背面が見える様な梱包になっているんですが、ケースを裏返すとちゃんとダミー紙iPhone 4が入っていました。しかもホワイト。やっぱりこの手のカラーのケース派ホワイトの方が似合うのかな。
 
 
rayout_colorfulljucket_04.JPG rayout_colorfulljucket_06.JPG
 
外側は、マットな質感で、内側は光沢ピカピカ。光沢のある素材に、外側だけマットなコーティングをしている感じ。
素材はポリカーボネート。
 
rayout_colorfulljucket_07.JPG rayout_colorfulljucket_08.JPG
 
それでは装着。横方向からはめます。iPhoneの周囲のフレームと、ガラス面のわずかな段差に引っ掛ける形。
この段差があるお陰で、ケースメーカは本当に助かってると思う。これがないと、ケースをガラス面まで乗り上げなきゃならないので、背面ジャケットのスマートさが失われると思う。これもアップルの計算かな?
 
 
rayout_colorfulljucket_09.JPG rayout_colorfulljucket_10.JPG
 
装着完了。フィット感は上々。前回同様わずかな引っかけなんだけど、ほんとうまく着くよなぁ。
 
 
rayout_colorfulljucket_11.JPG rayout_colorfulljucket_12.JPG
 
天面、底面は広めの開口。
 
 
rayout_colorfulljucket_13.JPG rayout_colorfulljucket_14.JPG
 
音量、サイレントスイッチは、これまでにない大きな開口。ちょっとケースのデザインの一体感は薄れますが、サイレントスイッチの操作のし易さは、これまでのケースで最強です。
カメラ部も特に問題無し。
 
 
rayout_colorfulljucket_16.JPG rayout_colorfulljucket_15.JPG
 
ちなみに、ケース着せてても立ちます。
 
 

rayout_colorfulljucket_17.JPG

マットな質感ですが、触った感じはサラっとしています。おそらく「ラバーコーティング・シェルジャケット」とはこの辺りの感触が違うのかな?
 
薄型なので、そう装着しても大きくなったという感じはほとんどありません。保護性能はあまり期待できないかもしれませんが、スマートにカラフルな着せ替えが楽しめそうです。
 
 
rayout_colorfulljucket_19.JPG rayout_colorfulljucket_20.JPG
 
おまけ。ホワイトモデルな紙ダミーを「Apple iPhone 4 Bumper (ブラック)」に入れてみると、こんな感じ。なかなか雰囲気出てますね。
今後のケースレビューでは、これを使えばホワイト待ちの皆さんにも参考になりそうですね。…でも、今回のケースは、レイアウトさんからの借り物だった。買い取っちゃおうかな..。
 
 
「カラフル・シェルジャケット」を探す⇒Amazon楽天
 
 
iPhone 4対応アクセサリをお探しなら→iPhone 4対応アクセサリカタログ
iPhoneから探すなら「アイテム ナビicon」もよろしく。

 
 

 

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト