この進化について来れるか!? Mac OS X Lion新機能紹介。App Store編

なかなか盛りだくさんんだったスペシャルイベント「Back to the Mac」。
MacBook Airの次は、Mac OS X Lionについて、振り返ってみます。色々あるんで、1つずつ。
 
Lion発表の最初にまず出されたのが、この映像でした。
 

スクリーンショット(2010-10-21 2.54.33).png

 


Back to the Mac」って、Macも忘れないでね…ってくらいのことかと思っていたんですが、こういう事だったんですね。
 

Mac OS Xの最良のアイデアをiPhoneが受け継ぎ、iPhoneの最良のアイデアをiPadが受け継ぐ。受け継がれるたびに洗練と進化を重ねてきたテクノロジーを、今度はMacが再び受け継ぎます。世界で最も先進的なオペレーティングシステム、その8度めのメジャー
リリース。Mac OS X Lionは、2011年夏にやってきます。

とのことです。
 
 
では、中身に行ってみましょう。まずはこちら。
 
・Mac App Store
 
appstore_overview20101020.jpg
 
まさか、App StoreiconがMacにもやってくるとは。なんの噂もなく、まさかの伏兵でした。
 
App Storeと同じく、Mac用のアプリをMac App Storeからダウンロード購入できます。
カテゴリ訳や、スクリーンショット、レビュー、アップデートなど、まんまApp Storeです。
 
購入すると、アプリのアイコンが、Dockへポ〜んと飛んでいき、インストール開始(こちらの1時間3分ごろ)。楽し〜。
 
一度購入したアプリは、再びダウンロードすることもできるので、新しく購入したMacに、アプリを入れるとき、便利だそうです。
 
Mac App Storeは、Lionに先駆けて、90日以内にSnowLeopard対応でオープンするそうです。
 
 
MacにもApp Storeが来ちゃいますか…。アプリで遊ぶのは、iPhoneやiPadでは当たり前ですが、確かにMacにフリーソフトいれたりして遊ぶって、あまりやりませんでした。
App Storeなら安心してダウンロードできますし、アップデートも知らせてくれる。これはMacもこれまで以上に楽しくなりそう。(Macも、iPhoneも、iPadも遊ぶとなると、ちょっと忙しかったりして…)
 
デベロッパにもメリット大きそう。iPhoneと同じく、世界を相手に商売できるでしょうね。既に、iPhoneのApp Storeに配信していれば、敷居も低いでしょうし。これまで、Mac用のアプリなんて、全くやってなかったメーカも参入してくれそうですね。
 
でも、現状アプリのダウンロード販売をされているVectorさんなんかは、大打撃…。反面アップルは、これでまた収入増えちゃうわけか..。
 
今回のiOS機能の移植全般に言える事ですが、まだMacユーザじゃないiPhone,iPadユーザへのハロー効果は絶大でしょうね。本当に、アップルはどこまでいっちゃうんだろう…。