iPhone 4ケースレビュー 金属Bumper「プレミアムBLADE」を試す。後編

アルミ製Bumperタイプケースiphone4 ケース プレミアム BLADEのレビュー後編です。(前編はこちら
今回は、装着から。
 
アルミBumperブレード13.jpg アルミBumperブレード16.jpg
フレームにボタンを内側からセットしたら、iPhoneをはめ込みます。
iPhoneの厚み分をスッポリ入れなきゃいけないので、これがなかなか難しい。iPhoneの縁フレームと、Bumperが接触すると、ジョリジョリと嫌な音が…。接触→即キズというわけではないですが、ドキッっとします。
 
 


DSCF9500.JPG DSCF9501.JPG
改善策、iPhoneを上向きに置いて、ケースを被せる。こっちの方が安定して入れられました。ボタンがフレームから落ちないようにそ〜っと(フレームの外側からセロテープでボタン仮固定すればいいかも)、ちょっとだけケースを傾け、ボタンパーツの方からiPhoneに嵌めていくと良いです。
 
アルミBumperブレード17.jpg アルミBumperブレード18.jpg
なんとか、装着完了。このBumperの凄いところは、BumperとiPhone 4のフレームとは触れないようになってること。(フレームの内側に貼ったクッションでiPhoneを浮かせている感じかな?)電波感度の低下を防いでくれます。
写真じゃよくわからないので、商品説明をどうぞ。この空間は、耐衝撃性的にもいいかもしれません。
 
アルミBumperブレード19.jpg アルミBumperブレード20.jpg
iPhoneをひっくり返し、レッドのパーツを載せ、四隅を付属のネジで固定。
 
アルミBumperブレード21.jpg アルミBumperブレード22.jpg
完成!! ふむふむ、いい感じですよ〜。
iPhoneの周囲を微妙に浮かせているせいか、Bumperの厚みの印象よりは、着せるとゴツく感じますが、許容範囲。
レッドとブラックのカラーもいいチョイスでした。
 
アルミBumperブレード23.jpg アルミBumperブレード27.jpg
ボタンの質感も良く、ちゃんと押した時のカチカチという感触も伝わります。
サイレントスイッチは、深いところになるので難あり。
 
アルミBumperブレード26.jpg アルミBumperブレード29.jpg
イヤホンジャックは、狭め。純正ヘッドホン以外は難しいかも。
 
アルミBumperブレード24.jpg アルミBumperブレード30.jpg
Dockも、純正Bumperほどではないものの、あまり広くはなく純正ケーブル以外で仕様できる物は限られそう。
 
アルミBumperブレード32.jpg アルミBumperブレード33.jpg
右側面には、ストラップホールと、SIMスロット用の穴。
 
アルミBumperブレード25.jpg アルミBumperブレード28.jpg
スクリーン面よりBumperは若干出ているので、逆さにiPhoneを置いても、画面が設置面に触れる事はありません。
装着時に重さは166gなので、Bumperは29gくらい。見た目が重そうなので、ギャップであまり重さは気になりません。
ちなみに、純正のBumperは8gくらいでした。
 

アルミBumperブレード31.jpg

削りました!! って感じのデザインが、金属製というのを強調していて、私は好きです。この価格で、この内容なら納得です。
気になる電波の具合ですが、うちでは普段アンテナ5本ですが、ちょっと意識して握れば4本になるくらいで、それほど大きな影響はなさそうです。
 
 
iPhone 4対応アクセサリをお探しなら→iPhone 4対応アクセサリカタログ
iPhoneから探すなら「アイテム ナビicon」もよろしく。

 




5 件のコメント

  • ふむふむ 参考になりました。ありがとうございます(^-^) ハメ方はコツがいつんですね ぼくのも早く来ないかなぁ☆

  • はめ込みのコツ、ありがとうございます。
    わたしのも早く届いて欲しいです。

  • 作っている自分もいろいろ勉強になりました。どうも有難うございます。これからもレビューや指摘など宜しくお願いいたします^^あと、もっとかっこいいものが生まれるかもしれません^^