2004年にアップルと日本企業が共同で携帯電話を出す計画があったらしい。

TechCrunchさんに、スティーブ・ウォズニアック:Appleは某日本企業と共同で2004年に携帯を出す寸前だったという記事が掲載されていました。
 
記事によると、ウォズがアップルが2004年にある日本のエレクトロニクス・メーカーと共同でスマートフォンを開発したが、発売する前にお蔵入りにしたと語ったそうです。

Appleはその〔2004年の〕スマートフォンの品質には満足していたが、世界を驚かせるにはまだ何かが足りないと考えた。Appleが製品をリリースするときは画期的でなければならない。絶対的に競争力がある製品を開発できたのでなければ新しい市場に参入するべきではない。


 
iPod nanoの初代がでたのが2005年だから、2004年はまだiPod miniの時代。iPodもようやくカラーディスプレイモデルが出た年です。
 
そのころにスマートフォン? どんなシロものだったのかはわからいないけど、出さなくて正解だった気がします。これが世に出てたら、iPhoneはなかったかも?
で、某日本企業とは? 気になりますね〜。
 
 
ウォズは、こんな事も言っています。
・iPhoneではなくGoogleのAndroidが、最後には優勢なプラットフォームとなるだろうと述べた。
・彼はAndroidはiPhoneにくらべてよりオープン性が高く、機能も多様だとしてやがては品質でもAppleのiOSと肩を並べるレベルに到達するだろうと認めた。またiPhoneは万人向けのデバイスではないと語った。
 
ありゃ、意外なお言葉。確かにAndroid端末は数程出るでしょうから、万人向けになり得るといえば、そうなのかも。
 




4 件のコメント

  • Appleの最大の的は自分自身でしょう。過去の失敗は全てクローズドに走ったところです。MacもIntelで成功していますし。。。
    サードベンダーを追い出しに掛かる頃は大抵失敗の前兆だと思います。SIM内蔵型になったら,iPhoneは一旦終了かも知れないと思います。(今噂みたいですし)

  • “万人向け”の言葉をかりて言えば、万人向けではないから万人が飛びつくのでしょう、アップルはそれをよく知っているのではないでしょうか。
    何にでも“万人向け”になったとたん物の価値、魅力が人の意識から失われていくのはみんなよく知っているはず。

  • これすごいです
     
     
    iPhoneにLEDをつける方法(しかも改造しないで)
     
     
    iPhoneにLEDがつけられます
    iPhone4じゃなくても大丈夫です
    本体を脱獄(jailbreak)や分解 改造などは一切行いません
     
    iPhoneといいつつ iPod iPad ドックが付いていれば何でも使えます
     
    しかも自分で作れて材料費は200円です
     
    制作時間は1時間ぐらいです
     
    youtube

     
    ニコニコ動画
    part1
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm12846355
    part2
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm12846428
     
     
    メールの送り方が分からなかったのでコメントで投稿させていただきました