CDMA版iPhone 4がVerizonから発表される理由と、その影響。

TechCrunchさんにAppleがVerizonにiPhoneの発表を許す理由という記事が掲載されていました。
 
米国の携帯キャリアVerizonが、1月11日 午前11時(日本時間12日 午前1時)からニューヨークで特別イベントを行うことを発表したそうです。
もちろん発表内容は、VerizonからのCDMA版iPhone 4の発表と思われますが、アップル自身が発表せず、Verizonから発表される理由について書かれています。

AppleがVerizonにこの発表をさせる最大の理由、それは人々の予想をコントロールするためだ。
もしAppleがいつものようにカリフォルニアでイベントを開くと言えば、人々はiPhone 5かiPad 2の発表だと臆測するだろう。私の予想ではVerizon互換のiPhoneが出るとすれば、それは単なるCDMA版iPhone 4だ。(中略)
これはiPhoneをVerizonで使いたい多くの人たちには一大事だ。しかしAppleにとっては、単なる既存製品の改訂版なのである。


なるほど、そんな事情があるかな。
最後に書かれている様に、確かにCDMA版iPhone 4は改訂版。しかし、Verizonは、米国最大のキャリアであり、この発表を待っていた人はめっちゃ多いはず。
9〜10月の米国スマートフォン契約者のOS別シェアで、AndroidがiPhoneを上回ったそうですが、アップルはまだCDMA版iPhoneという札を切ったなかったんですよね。ここからが本当の勝負かも。そしてアップルは日本での切り札「docomo」を切る日もいつかは来そう…。
 




1 個のコメント

  • ドコモからiPhone出て欲しいと思ってます。iPhone使っていますが、最近は特に速度がやたらと遅く感じます。iPhoneは好きですが、快適に使いたいのでやはりインフラのしっかりしてるドコモから出して欲しいなぁ。でもドコモから出すと、ドコモが勝手にAPー01Bとか型番付けそうで怖い。笑