iPhoneにスライド式キーボード!!「BOXWAVE Keyboard Buddy」を試す。後編

iPhoneにスライド式キーボードを追加するケースBOXWAVE Keyboard Buddyのレビュー、後編です。(前編
今回は、設定と使用感について。
 
buddy_01.jpg buddy_02.jpg
まずは、iPhoneをケースにセットします。普通の薄型ジャケット系ケースとおなじような感じです。
薄型のケースですが、iPhoneの固定はしっかりしており、落ちる様なことはなさそう。
 
 


buddy_04.jpg buddy_05.jpg
開口部はザックリ開いているので、このままでもケーブル等の接続は問題無さそう。
サイドのボタンもケースが薄いので、押し易いです。
 
buddy_03.jpg buddy_06.jpg
カメラもキーボード側に穴があり、撮影可能。スライドした状態でも使えます。
 
buddy_07.jpg buddy_08.jpg
キーボードは格子目の配列。かなり軽量なので重心はiPhone側になります。
 
buddy_09.jpg buddy_10.jpg
キーは、プラスチック製。小さいですが、カチカチとクリック感があります。
 
buddy_11.jpg buddy_12.jpg
それでは、接続設定へ。
まず、iPhoneのBluetoothをONに、Buddyの右サイドのスイッチもONに。
 
buddy_13.jpg buddy_14.jpg
さらにペアリングスイッチをクリップ等で押すと、iPhoneに認識されます。
 
buddy_15.jpg buddy_17.jpg
iPhoneからコードの入力を指示されるので、入力すれば接続完了です。
 
buddy_18.jpg buddy_19.jpg
あとは、キー入力のあるアプリを立ち上げれば、そのまま入力OK。言語の切替もキーボードからできます。
 
buddy_20.jpg buddy_21.jpg
特殊な文字の入力等でソフトウェアキーボードの表示が必要なら、呼び出す事も可能。引っ込めることもできます。
右上のキーで、spotlightの呼び出し、左上のキーでホームボタンの呼び出しもできました。
 
buddy_22.jpg buddy_23.jpg
重心がiPhone側にあるので、ちょっと持ち方に工夫が必要。手のひらでキーボードの両サイドを支え気味に持つか、人差し指と中指でiPhoneを挟むとか、いろいろ持ち方はありそう。
 
buddy_24.jpg buddy_25.jpg
横画面で、ソフトウェアキーボードを表示すると、表示サイズが2行くらいになってしまうので、これがあると広々と快適ですね。
 
肝心の打ち易さですが、ちょっと慣れが必要。キーも小さいので爪の先で打たないと最初は思った様に押せないかも知れません。キーの数は多いので、数字や記号等も切替無しで打てたり、カチカチという感覚もメリットですね。
 
buddy_26.jpg buddy_27.jpg
厚みはありますが、丸みのあるデザインなので、手の中のホールド感はそれほど違和感ありません。正面から見たらただのケースなので、スライドさせてキーボードを出すと、驚かれそう。人に見せびらかすのも楽しい製品ですね。
 
「BOXWAVE Keyboard Buddy」を探す⇒Amazon楽天
 




4 件のコメント

  • 一度iphoneに認識されたら、キーボードの方のスイッチをOFFにしても、次に使用するときは再認識のナンバーの入力とかしなくていいのでしょうか?私はBluetooth の小さいキーボードを持っているのですが、一度OFFにすると使用の度に 再認識させるのが面倒で使っていません。

  • 一度ペアリングするとiPhone側のBtをOFFにしても再設定の必要は無いみたいですね。
     
    厚みも一般的バッテリーケースとほぼ同等なので携帯する分には良いですが、バッテリーケースを別に持ち歩かなくてはいけないのがなんとも(^^;
     
    あとはスライド部分がどの程度もってくれるかですね。

  • しゅん爺さん、ありがとうございました。購入を検討してみます。