Verizon版iPhoneの販売が絶好調!! AT&Tは対抗CMを放送。

AppleInsiderさんによりますと、Verizonが、iPhone 4の予約販売を開始した所、これまでの販売初日の売上記録を、わざか2時間で上回ったそうです。
 
最初の週だけで、200万台が販売されといる予想もある程の人気ぶり。やはりキャリアの力って大きいなぁ。
 
そんな中、元祖iPhoneキャリアのAT&Tは、Verizon版iPhoneの欠点を伝えた対抗CMを放送しているそうです。
 
 

Verizon版iPhoneは、通話中はデータ通信をできない使用となっており、「Only AT&T’s network lets your iPhone talk and surf at the same time(iPhoneで通話と同時にネットできるのはAT&Tだけ)」CMで紹介しています。
 
この制限はCDMA方式に起因するものらしいのですが、他のスマートフォンでも同じなんでしょうか。大きなデータを送受信したりしているときに、通話ができない(着信もできない?)となると、かなり不便な気がしますが…。さかんにCMしてる「Android au」も同じ様な仕様なんでしょうか。
 




2 件のコメント

  • au版iPhone(発売したとして)も同じ仕様なのか、他のスマートフォンでもそういう仕様なのかはわかりませんが、
    >大きなデータを送受信したりしているときに、通話ができない(着信もできない?)となると、かなり不便な気がしますが…。
    さすがにそれはないでしょう。
    VerizonのiPhone 4は、データ通信中に着信があればデータ通信が切断され着信するようです。
    http://blog.livedoor.jp/hotworks/archives/51616420.html