どこまで見える? iPhone 4用 60倍マイクロスコープ試す。

以前ご紹介したiPhone 4用マイクロスコープをレビューします。
 
microscope0_01.jpg microscope0_04.jpg
マクロレンズならぬ、マイクロスコープ。60倍のレンズってどんな実力なのか?試してみます。
 


microscope0_05.jpg microscope0_06.jpg
レンズと、LEDライトからなる本体部。かなり小さいけど、その実力は?
 
microscope0_07.jpg microscope0_08.jpg
装着。上部分だけのケースをiPhoneに装着し、カメラの穴に本体をセットします。
 
microscope0_11.jpg microscope0_12.jpg
セット完了。レンズの伸縮でピント調整が可能。また、LEDの角度も調整できます。
 
microscope0_09.jpg microscope0_10.jpg
LEDも2種類の光を切替できます。紫っぽい光は陰影が強調される感じ。
 
microscope_1.jpg microscope_4.jpg
では、撮影。まずは指先で試してみます。そのままでは、かなり撮影範囲が狭いですが、ズームを使えばかなりいい感じ。
 
microscope_2.jpg microscope_3.jpg
お札のマイクロ文字もこの通り。60倍はなかなか遊べそう。
 
正直見た目は、チープですが、この価格でここまでできれば、ホビーユースには十分使えそう。
専用ポーチも付いていて、ケースも上部分だけにしたことで、持運びもコンパクト。技術系の方なら、デスクに1つ忍ばせておけば、何かと役に立つ事もありそうです。
 
あとは、本当のマイクロスコープ見たいに、長さが計れたりするアプリがあれば、さらに便利にないりそうですね。

 
「iPhone マイクロスコープ」を探す⇒Amazon楽天
 




2 件のコメント

  • takkiさん
    遠景とは遠くを撮るということかな? それは全く無理です。マイクロスコープ自体が、そういう為の物ではないので…。
    レンズの先の、円筒の透明パーツに、被写体を接する様に撮影します。