アップルが安くて小さな新型iPhoneを開発中!?

Bloombreg.co.jpさんに米アップル、従来機より安く小さい新型iPhone開発中-関係者という記事が掲載されていました。
 
記事によると、実際に試作品をみた関係者の話しでは、「1つのバージョンは現行の最新機種よりも価格は安く、小型化されるもよう。アップルは新型iPhoneを約200ドル(約1万7000円)で、利用者には2年間のサービス契約を義務付けずに販売することを検討している」とのことです。
 
 


次期モデルには、少なくとも2バージョンあって、そのうちの1つが、小さい廉価版となるということでしょうか。あるいは、単純に次期モデルが、より小さく、安く提供されるということ?
 
これまでは、容量差近いはあるものの、基本1つのモデルで絞ってきたiPhone。代わりに旧モデルを並売する(現在も3GSが並売中)という方法で安いモデルも用意してきましたが、今回は廉価バージョンが開発されるのかもしれませんね。
中国などをターゲットにして、より安いモデルの投入はありえない話しではなさそう。名前はiPhone nanoとかなるのかなぁ。
 




1 個のコメント

  • 別に海外の噂系サイトのお仕事を邪魔なんてする気はないし
    それで盛り上がるのを否定するつもりはないんだけど
    現状以上の小型化は技術的にも難しいしそれで安くなる訳も無いし
    その為に対応インターフェースのOSカスタマイズを1ライン増やす意味とかないと思うんですよね…
     
    このネタを本気で書いてるとしたらお粗末な限りだし、
    だったら始めっからこういうのが欲しいと書けばいいとおもうんですよ。
     
    特に噂件こき下ろしサイトってのがあって勝手に予想しては
    出た物をみて毎回失望したとかもう終わったとか
    かき立てるサイトもあるんですよね。