手首がポイント。iPhoneの「コンパスの干渉」を修正する正しい「8の字」

先日、「日経 TRENDY 2011年 03月号」の記事で知ったんですが、iPhoneを使ってるときたまに出るこのメッセージ…
 
「コンパスの干渉 干渉の原因となるものから離れるか、iPhoneを8の字型に動かして再調整してください」」
 
この「8の字」の動かし方を、私はずっと間違っていたようです。
 
 


私はiPhoneの画面を上に向けたまま、iPhoneを水平にして8の字に動かしていたんですが、これは間違った動かし方で、正しくは、こんな感じ。
 

手首をきかせて、指揮者の様な動きで8の字にするのが、ただし振り方だそうです。(動画も出てます。)
 
さらにアップルのサイトには、こんな事も。

一部の地域では磁気干渉がより強いことがあります。たとえば、自動車のダッシュボードでは強い磁気干渉をします。車内で使用する場合は、デバイスを 8 の字型に動かして調整しないでください。その場合は、コンパスを調整するように求めるメッセージを無視してください。何度か道を曲がると、そのうち自動的に再調整されます。

ええっ!? そうなの!! あのメッセージが出るのって、ほぼ車の中ばかりだったんですが、無駄だったんだ…。トホホ。
 




5 件のコメント

  • 何もそんなことせんでも、握って上下にシャカシャカ振れば直る。

  • 目からウロコの出来事ですw自分も完全に間違っていました
    クルマの中で出るので適当に”8”の字書いてました。