新しいMacBook Pro登場。「圧倒的な進化を3つ」

アップルが、新しいMacBook Proを発表しました。Apple Storeで販売も開始されました。)
 

overview_hero20110224.png

 


噂通りのスペックで「Thunderboltポート」も搭載されています。
一番下位モデルはCore i5で、それ以外はCore i7を搭載。15,17インチモデルはクアッドコアとなっています。
価格は、ほぼ据え置きです。
 
MacBook Airの影響もあってか、かなり噂が盛り上がっていたMacBook Proでしたが、発表が迫るにつれて、普通なスペックになって、結局Thunderbolt以外は、おとなしめのアップデートとなった感じがします。
 
「圧倒的な進化を3つ」ということで、より高速なプロセッサ、グラフィックプロセッサ、そしてThunderboltの3つが大きな売りとなっています。
中でも注目は、そのThunderboltですが、なかなか凄そう。

何でもつなぐことができて、とにかく速いI/Oインターフェイステクノロジーを作る。Thunderboltの開発は、そんなシンプルなコンセプトのもとに、Intelの研究所で始まりました。AppleとIntelとの緊密な技術的コラボレーションから生まれたThunderboltは、いよいよ研究所を出て、MacBook Proに搭載された形で世の中にデビューします。
Intelは、データ転送のテクノロジーとして広く普及しているUSBとPCI Expressの共同開発に携わってきました。一方AppleはFireWireを開発。USBの普及にも力を入れてきました。そんな両社の経験が一つになり、パーソナルコンピュータ史上最も高速で、最も柔軟なI/Oインターフェイステクノロジー、Thunderboltが誕生したのです。


スクリーンショット(2011-02-24 23.11.30).png

確かに速い。しかも、一つのコネクタに2つの10Gbpsチャネルが入っているそうです。なんかスゴ。
 
でも、この速さを活かし切るには、繋げるものも考えんといかんなぁ。(お金かかりそう…)
 




1 個のコメント

  • 新型発表、発売開始しましたね。 これくらいのバージョンアップなら、しゅん爺さんはプチっといかないんでしょうね。
    私も新型をねらっていましたがブルーレイドライブを積んで欲しい願いは砕かれました。
    Appleはずっとブルーレイ積む気は無いんでしょうかね。