ソフトバンクモバイルが今秋にもiPhoneの新型機を発売。

日本経済新聞さんにスマートフォン、携帯新機種の半分以上にという記事が掲載されていました。
 
記事によると

ソフトバンクモバイルは今秋にも米アップルの「iPhone(アイフォーン)」の新型機を発売。米グーグルのOS「アンドロイド」を採用したスマートフォンも増やす。2~3年以内に新機種のすべてをスマートフォンとする方針だ。

とのことです。
 
 


国内でのスマートフォンの市場が拡大しているという記事での中での、この一文。
ソフトバンクからそういう情報が出たのか、状況証拠から判断して書かれたものなのかはわかりませんが、まぁ、そうなるんでしょうね。
 
ソフトバンクがうっかり…、ということは今さらなさそうですが、例年6月頃に出るのに、今年は出ないと、もうiPhoneが出ないんじゃないか、という疑念を生みかねないので、こういった情報を出したのかも?
 
やっぱり待つしかないみたいですが、さらにアワーアップしたiPhoneに期待しましょう。
 




1 個のコメント

  • うぉ!楽しみだ!!最近自分の3Gに力不足を感じまくりでついついオークションで4を買おうと奮闘してますが32gbだと4万2000~5万はするのでちょっと手が出せずに、かといって今更機種変する気もなく3GSなど論外で迷ってます。3Gだとアプリも連続で使おうとすると落ちるし、読み込み遅くイライラが最近特にひどいので・・・。 早く出してくれ~