「OS X Lion + iOS 5 + iCloud =WWDC」の中の「Lion」について。

来週開幕のWWDC2011を構成するキーワードについて書く、2回目は「Lion」について。
 

backtomacevent.jpg

昨年10月に「Back to the Mac.」と題されたイベントで発表されたMac OS Xシリーズの最新版。このイベントですでに多くの機能が紹介され、今年の2月には開発者向けにプレビューバージョンも公開されています。
 
 


既に発表済みの機能については、アップルのサイトや、過去記事をご覧頂くとして…
この進化について来れるか!? Mac OS X Lion新機能紹介。App Store編
この進化について来れるか!? Mac OS X Lion新機能紹介。フルスクリーン編
この進化について来れるか!? Mac OS X Lion新機能紹介。Launchpad編
この進化について来れるか!? Mac OS X Lion新機能紹介。Mission Control編
 
では、今回のWWDCでは、何が発表されるのか? 確実なのは、発売時期と価格。
既に前作のSnow Leopardリリースから2年近く経っています(全然そんな気がしないけど)ので、即発売でも不思議じゃありません。
即発売じゃなくても、iOS 5とは次期ずらしてきそうなので、確実にiOS 5が登場する9月頃までにはリリースされると思います。逆に「iCloud」がMobileMeの様な機能を持ち、よりOSの一部として機能するのであれば、iOSと同時にリリースした方が、インパクトがあるかもしれません。
 
価格ですが、Snow Leopardでは3300円という衝撃価格でしたが、今回はどうなるか? 「Snow Leopard」は「Leopard」のマイナーバージョンアップ的な(でもないけど)感じがあったので、あの価格でしたが、今回は高くなるのか?或は、据え置くのか? 少々高くなったとしても、MobileMeな機能も包含されるなら、お得感はあるかな。
 
もう1つ可能性としては、新たな機能の追加。まだ隠し玉があるかもしれません。LionはiOSの要素をいろいろ取り入れているので、iOS 5の内容を新たに取り込むとか?例えば、 iOS 5で噂されている機能に、アプリの自動アップデート機能があるので、Mac App Storeで購入したアプリも自動アップデートされるとか…。
ただ「OS X Lion + iOS 5 + iCloud(+one morething?)」で長くても2時間には収めなきゃいけないと考えると、Lionはサラッと価格とリリース情報で流すかも?
 
最後に、噂として「LionはMac App Store経由のダウンロード販売される」というのがあります。そんなことが可能なのか?ちょっと不思議ですが、開発者向けのプレビュー版は、実際Mac App Storeで経由されているそうです。
MacBook Airの様に光学ドライブがないモデルもありますので、本当にそうなるかもしれませんね。だとすると、メディアやパッケージが無い分お買得になるかな。
ただ、頭の固いおっさんとしては、途中でインストールミスったらどうなんの?とか、iOSの様に外(Mac)からiPhone等をアップデートするならまだ分かるけど、パソコンのOSのメジャーアップデートまでダウンロードで提供されて、自分(Mac)で自分自身(Mac)をアップデートするというのは、なんか不安な気もする…。
 
 
すべては、7日午前2時からのWWDC基調講演で明らかに。このブログでも生で追いかけますので、ぜひ一緒に楽しみましょう。(もうあと24時間ちょっとか…)
 




1 個のコメント

  • ネットからのアップグレードはすでにlinxで実用化されてますから問題は停電だけですよ。
     
    一旦データをダウンロード後ファイルを置換していくわけですが置換中に停電するとシステム破壊が…
    心配ならUPS使いましょう