最強のiPhoneリモコン化グッズ「iRemocon」を試す。その1

先日ご紹介した、iPhone等を赤外線リモコンにできる「iRemoconが届きました。
ネットワーク経由で、外出先からも操作できたり、リモコンデザインのカスタマイズ自由度なども魅力のiRemocon。たっぷりレビューしちゃいます。
 
iRemocon1_01.jpg iRemocon1_02.jpg
Webで見たイメージでは、かなり大きな物を想像していましたが、意外に小さな箱。
中には、2つの冊子。かなり薄っぺらくアップル製品を思わせる感じ。
これまでのリモコン化グッズは、海外からきたモノが多く、ほとんどマニュアルは英語でしたが、こちらは日本の製品なので、もちろんちゃんと日本語です。
 
 


iRemocon1_05.jpg DSCF2135.JPG
マニュアルには、セッティングのステップが分かり易く書かれています。
 
で、中身の方は…

iRemocon1_08.jpg

やはりコンパクトな本体。容積的にはApple TVくらいかな。
 
iRemocon1_09.jpg iRemocon1_10.jpg
背面には、LANポートと電源、そして追加の赤外線アダプタが接続できるポート。
付属品は、LANケーブルと電源アダプタ。
 

iRemocon1_12.jpg

おそらくライバルとなるであろうUnity Remote」(レビューとのサイズ比較。
どちらも、それほど邪魔になという程ではないですね。
Unity Remoteは、電池駆動でどこにでも置けますが、iRemoconは、電源とLANに縛られるので、設置場所が限られます。
限られた設置場所で、どこまで赤外線が届くのかが気になりますが、マニュアルによると「LEDから照射された赤外線が室内の壁などに反射されて、広範囲に置かれている機器がコントロールできる」とのこと。LEDモ高出力のモノが採用されているそうです。
 
 
それでは、接続開始。こんな感じに繋げます。

DSCF2137.JPG

電源と無線LANルータへの接続。必ずiPhoneが通信している無線LANルータへ接続すること。
 
iRemocon1_13.jpg iRemocon1_12.jpg
我が家の無線LANルータAirMac Extremeベースステーションと接続。
 
つぎは、ソフト面の準備。App Storeiconから、専用アプリ「iRemoconiconをダウンロードします。

iRemocon_01.jpg iRemocon2_1.jpg

 
今回はここまで、次回は、設定から使用までを。
(続きはこちら→その1その2その3その4その5
 
 
「iRemocon」を探す⇒Amazon楽天
「Unity Remote」を探す⇒Amazon楽天ふもっふのおみせVintage Computer

 
 
iPhoneリモコン化関連記事
アダプタ不要でiPhoneがリモコンに!! UnityRemoteを試す。
iPhoneがリモコンに!! 赤外線アダプタ「L5remote」を試す。
 




1 個のコメント

  • 以前同製品をご紹介されていた時に、値段も最強と仰られていたのでてっきりスルーかと思ってました(笑) 今後のレビューも楽しみにしてます。次回のアプリのアップデート、時間かかりそうですね!