Mac App StoreでのLion販売に一抹の不安…。

先ほど、溜まりに溜まっていたMacのソフトウェアアップデートをしたのですが…。
スクリーンショット(2011-07-13 23.17.53).png
Lionへのアップデートに必要なMac OS X10.6.8のアップデートや、iPhoto、iMovieなど合計1.02GBをダウンロードで、予想所要時間は25分…
 
 


スクリーンショット(2011-07-13 23.47.33).png
途中予想時間は増減しましたが、結局30分かかりました。
ちなみに、うちは元が光で、無線LANも802.11n。回線がそんなに遅いわけではありません。
 
 
まもなく登場のLionは、約4GB。このペースだと、2時間かかることになります。
しかも、世界同時発売されれば、数百万単位で一気にダウンロードが開始されるはず。込み合えばさらに時間がかかる可能性もあります。
アップルは、本当にこのトラフィックをさばけるんだろうか…。
 
最近ではiOSのアップデートが、比較的大容量で世界一斉ですね。容量は数百MB程度ですが、ユーザの数はiOSの方が多い?とすれば、今回もアップルの負荷的には同じくらいなのかな?
 
もしかすると、少しでも集中を避けるため、今回は14日を向かえた国から、順次発売とかになったするかも?
おっと、もう日が明けて14日。Mac App Storeiconをチェックせねば。
 
 iTunes Store(Japan)




1 個のコメント

  • お世話様です。プロセッサかメモリを上げられたらいかがでしょうか?私のMacでは、もっと早くダウンロードできましたよ。私のMacは、Mac OSX Intel Xeon。プロセッサはQuad-Core×2で、メモリは8GBです以上。