これが真実!? ドイツVodafoneのサイトに「iPhone 4S」の表記。

Mac Rumorsさんによりますと、ドイツのVodafoneのサイトに「iPhone 4 (8GB)」「iPhone 4S (16GB)」「iPhone 4S (32GB)」「iPhone 4S (64GB)」という表記があったそうです。
 

スクリーンショット 2011-10-03 21.03.34.png

表記があったのは、iPhone 4 Bumperなどのアクセサリ対応モデルリストだそうです。
 
 


ネット上では、
・マイナーチェンジ:iPhone 4S
・ニューモデル:iPhone 5

 
とする見方が、いつの間にか定番となっていましたが、Vodafoneの記載からすると…
・マイナーチェンジ:iPhone 4 (8GBモデル登場)
・ニューモデル:iPhone 4S

ということになります。
 
過去に、iPhone 3GS発表時にも、
・マイナーチェンジ:iPhone 3G (値下げ)
・ニューモデル:iPhone 3GS

ということがありましたので、ニューモデルが「iPhone 4S」という可能性もあります。
3GSのときは、デザインがそのままで、機能も僅かな変化でガッカリさせられたということはなく、スピードアップという比較的地味な性能アップも、実際使ってみると好意的に受け止められました。(iPhone 3Gが遅過ぎたというのもあるが…)
 
しかし、今回は「iPhone 5」という名前が先行し過ぎているし、ケースも販売されてしまうほど、新デザインへの期待も高まっている状況。
もし「iPhone 4S」という名前で着実な進化を遂げていても、マイナーチェンジという受け止め方をされてしまうかも…。
 
ただ「iPhone 3GS」は、「3G回線対応の「iPhone 3G」が速くなって、iPhone 3GS(Speedの「S」)」ということでしたので、「第4世代の「iPhone 4」が速くなって、iPhone 4S」というのは、ちょっと変。第4世代の次は、第5世代なんだから「iPhone 5」とすべきな気もします。
 
う〜ん、絞り切れない!! 今回は、決定的な情報が少なく、アップルは情報管理をうまくやったと思う(あのケースが本物でなければ…)。あと1日、最後まで楽しませてもらえそう。
 




8 件のコメント

  • アクセサリーなんで、本体の形に合うのが iPhone4 と iPhone4S なので 必然的に iphone5 は 外れているのでは?

  • airwhiteさん
    そうか。確かに。
    でも、iPhone 4S が64GBまであって(ということは廉価版ではない?)、さらにiPhone 5も、というのも考えにくいような。
     
     
    うっちゃんさん、
    これは、噂をまとめただけのビデオですね。
    ドイツのサイトはフェイク丸出しだし。

  • しゅん爺さん、iPhone 4Sのフロントパネル、バックパネルをガラスからプラスチックにし、その他もろもろのコストを下げて、容量を上げ iPhone 5より機能が少なければ廉価版になるのでは?
    iPhone 5も廉価版と同様の容量だが機能が多く、すごければ、iPhone 4Sが廉価版てことにはなりませんかね?
    容量が少なければ、廉価版とは限りませんから
     

  • しゅん爺さん フラッシュメモリーのコストが高いことから廉価版ではないという見方が多いようですね
    個人的にはクラウドを発表しているのに大容量を搭載するかなぁと考えています。
    あのiPhone 5のケース、AT&Tに入荷したというケース等を含めてiPhone 5が存在しないというのも考えにくいような
     
    今回のAppleは全くわかりませんね
     
    ボーダフォンの記載が間違っているとも考えてしまいます。でもまだ記載されていますね
     
    さっぱり、わかりませんね

  • 今までのボーダフォンの情報は役に立たなかったですからね
     
    アップルに一番近いAT&Tが入荷したケースは結構信憑性が高そうですからね