アップルのテレビ開発を仕切るのは「iTunes」開発者?

CNET Japanさんに、「iTunes」事業を率いたアップル幹部、新テレビ開発に関与か–Bloomberg報道という記事が掲載されていました。
 
記事によると、テレビ開発を指揮しているのは、かつて「iTunes」事業を率いてきた、アプリケーション担当バイスプレジデントを務めるJeff Robbin氏だそうです。
 
アップルは、Apple TVで、すでにテレビを利用したサービスも行っていますが(テレビを表示に使っているだけですが)、テレビ自体を作ると一体何がかわるんだろう?
 
 


iOS 5&iCloudで、iOSデバイスの母艦としてのiTunesの役割は、若干小さくなりましたが、「iTunes」を担当していた、アプリケーション担当のえらい人が、テレビの開発を率いているとすれば、テレビが新たにiOSデバイスを統括するような役割をもったりするのかなぁ。でも、Macではない、テレビにしかできない何かもありそうだし。

Robbin氏とそのチームはこの夢を実現するため取り組んでいるという。テレビ内のソフトウェアにより、ユーザーはケーブルテレビや「Netflix」など複数のプラットフォームにまたがる映画やテレビ番組を1つの表示エリアでチェックできるようになると、情報提供者らは述べた。現在ではたいていの場合、ケーブルテレビ用のセットトップボックスとNetflixに別々にアクセスして、個別の画面でコンテンツを探さなければならない。

う〜ん、これだけだとまだまだ見えてこないなぁ。一体どんなものになるんだろう?
 
浅知恵だけど、とりあえず、テレビを録画できてiOSデバイスに、ひょいひょい飛ばせたら便利でうれしい。
 




1 個のコメント

  • なんと。まずはSoundJam MPの有料登録をしていた僕らに謝ってからにしてほしい!笑
    (冗談ですよ)