一体何台が対象なの? 初代iPod nanoの交換プラグラム開始。

アップルが、初代iPod nanoのバッテリーが過熱問題に対応するため、iPod nano (1st generation) 交換プログラムを開始していました。

Apple では、ごく稀に iPod nano (1st generation) のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となる iPod nano は 2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたものです。
この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。
iPod nano (1st generation) をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で交換手続きをされることをおすすめいたします。



かねてから問題になっていた、初代iPod nanoのバッテリ過熱問題。ついに交換プログラムが始まりました。
 
対象は「2005 年 9 月から 2006 年 12 月の間に販売されたもの」となっていますので、初代nanoは、ほぼ全数対応という事になるのかな?(その中でも特定のバッテリーメーカー品だけをシリアルNo.で判別する可能性もあり)
一体交換対象台数は何台あるんだろう…。
 
すでに6年が経過した製品ですが、バッテリの問題って恐ろしいですね。(費用はバッテリメーカがもつのかなぁ)
最悪、火災等にも結びつく問題ですので、まだ稼働されている方は、交換した方がいいと思います。
 




2 件のコメント

  • 僕のnano1st(Black)はプログラム対象外でした。期間内に購入したものなんですがね。バッテリーに欠陥はないようです(確かに5年経った今でも熱くなりません)。

  • ここ見て申し込んだら対象でした。もう使ってないけど新品になるんですかね?
     
    いつも有益な情報ありがとうございます☆