スクラップもiPhoneで。ナカバヤシから「スマレコペン」登場。

アルバムなどでおなじみのナカバヤシさんが、スマートフォン(多機能携帯端末)の撮影機能を利用して、手書きの情報を手軽にデータ化し活用できるデジタル連動型文具「スマレコペンを発表していました。
 

 「スマレコペン」は、手書きのメモや新聞や雑誌などの任意の箇所を線で囲み、アプリを立ち上げて撮影することで、囲まれた範囲だけを自動的に切抜き、データ化する特殊な専用ペンです。古くなった新聞や雑誌などの切抜き保存や閲覧、編集を簡単にデジタルで行なうことができます。
切抜かれたデータは台形補正や色補正、サイズ補正を自動で行いますので、難しい操作なく手軽に美しくデータ化できます。できあがったデータはスマートフォンで保存・管理するだけでなく、メールで送信したりEvernoteにアップロードできます。

 


こりゃまた、面白いのがでましたね。スクラップもわざわざ切ること無く、iPhoneで済んじゃいます。
でも、一体どういう仕組み? 専用ペン以外じゃだめ??という疑問が…。
 
専用ペンの秘密は「二重線」にあるようです。
mzl.vesmczmr.320x480-75.jpg mzl.phbqkyah.320x480-75.jpg
「二重線」で囲まれた範囲が、スクラップ範囲として認識される模様。おそらく、専用ペンは、そのような線が引けるようになってるんでしょうね。
専用アプリ「スマコレペンicon」は、すでに配信されているので、気になる方は、お試しを。
 
 
さらにナカバヤシさんからは、「スマコレ」シリーズとして、
・スマートフォン対応のデジタル連動型ノート「スマレコノート
・スマートフォン対応のデジタル連動型手帳「スマレコダイアリー
も発売されます。
「スマレコノート」は、キングジムの「ショットノート」な感じ。「スマレコダイアリー」は、カレンダーに特化してます。
iPhone以降、手帳は買わず、iPhoneでスケジュール管理していますが、手書きしたいってこともあるので、これは欲しい!!
 
「ナカバヤシ スマコレ」を探す⇒Amazon楽天