(ほぼ)Retina iPadに何を映す!? 発表に向け対応アプリが準備中。

The Next Webさんによりますと、アップルがiPad 3の発表に向け、発表イベントでデモするアプリの準備を急いでいるとのことです。
APPLE LINKAGEさん経由)
 
iPad 3には、現行iPadの4倍のピクセル数となる、2048×1536のディスプレイが搭載されるとの噂。RetinaディスプレイのiPhone 4/4Sの960 x 640と比較しても4倍以上となり、iOSアプリとしては未知の領域。果たしてこのディスプレイをどう活かすのか?
 
記事によれは「グラフィック指向アプリに重点を置いている」とのこと。確かに、単純にフォトフレームとしても、写真とほとんど変わらない画質で表示できちゃうんですよね。
ゲームなんかも、高画質が売りの「Infinity Blade II」といったものがありますが、2048×1536への対応が求められてくるんでしょうね。それには、処理速度アップも必要だから、A6も相当パワーアップしてるのかな。
 
 iTunes Store(Japan)