「OS X Mountain Lion」のコレに期待。その1

アップルから突如発表されていたOS X Mountain Lion」。
iOSの機能をさらに取り込み、iOSデバイスとの融合を計った新OS Xで、個人的に楽しみな点をピックアップです。
 
まずは、iCloud。すでにiOSでは無くてはならないもので、Macでも稼働中ですが、Mountain Lionでは「Documents in the Cloud」がMacにも対応します。
「Documents in the Cloud」は、文書をクラウドに保存すれば、Mac、iPad、iPhone、iPod touchのうち、いずれのデバイスでも
 
開くことができ、編集内容もすべてのデバイス上で変更が反映されるというもの。
iPadでも書類の作成はできますが、やはりこういった作業のメインとなるのは、Mac。「Documents in the Cloud」がMacに対応することで、まずはMacで作成し、ちょっとした修正をiPad,iPhoneで、といったことが可能になります。
 
この機能の利用には、アプリ側の対応が必要。これまでiOSデバイスのみだったアプリも、Mac対応が進められるという効果もあるかもしれませんね。

スクリーンショット 2012-03-04 22.34.11.png

 
リマインダー。
カレンダーでも、時計アラームでもない、リマインダー機能。こちらもMacは蚊帳の外でしたが、ようやく対応です。
Macでの作業中に思いついた、予定をiPhoneに持ち替えてリマインダー設定、なんてこともなくなります。Macで設定すれば、もちろんiCloudでiOSデバイスも速攻反映。Mac対応は、至極あたりまえの流れですね。

スクリーンショット 2012-03-04 22.33.50.png

 
ながらく変化の無かったメモが進化。これまでMac上では、Mailアプリの中に取り込まれていましたが、iOSデバイス用と同じデザインのアプリとして独立します。
さらに、写真、画像、などのファイルが添付可能に。
重要なメモはデスクトップに表示することもできます。これは、iOSデバイスには出来ない、Macならではの機能ですね。スティッキーズの置き換えになるのかな?

スクリーンショット 2012-03-04 22.33.28.png

 
その2へ続く。
 




1 個のコメント

  • いつも楽しく読ませていただいてます。
    リマインダーはMacでも蚊帳の外じゃないですよ。iCalの右サイドに表示されます(^^)。別アプリの方が便利でしょうが。