夢の無限バックアップサービス「Backblaze」を試す。

昨日紹介しました、容量無制限のバックアップサービス「Backblaze(バックブレイズ)」。
 

夢の無制限に落とし穴はないのか? 神サービスといえるのか? 早速試します。
 
 

スクリーンショット 2012-04-17 22.13.05.png

ソースネクストeSHOPさんから3990円でダウンロード購入。炎のアイコンが目印。
 

スクリーンショット 2012-04-17 22.16.03.png

インストール中。ドライブの分析も行います。
Backblazeは、内蔵ドライブと外付けドライブを自動でバックアップするので、接続されているドライブを調べるようです。
 

スクリーンショット 2012-04-17 22.15.11.png

初回のバックアップには、数日かかることもあるとのこと。なんせテラバイト級のデータをサーバにアップするわけですから…。
 

スクリーンショット 2012-04-17 22.15.51.png

幸せな生活には、バックアップも欠かせません。
 

スクリーンショット 2012-04-17 22.23.51.png

インストール完了。
 
システム環境設定から、設定や状況確認ができます。
スクリーンショット 2012-04-17 22.25.29.png
 

スクリーンショット 2012-04-17 23.18.29.png

バックアップするドライブリスト。タイムマシン用となっているドライブはバックアップの対象外となります。
 
スクリーンショット 2012-04-17 22.29.56.png
「パフォーマンス」では、バックアップの速度等が可能。デフォルトでは、256kbps。他の通信に影響が出ない様にしているのかな? 手動設定にすれば「制限なし」まで設定可能。
 
スクリーンショット 2012-04-17 22.32.05.png
「除外」では、バックアップから除外したいフォルダを設定できます。
 
スクリーンショット 2012-04-17 22.32.58.png
こちらがバックアップ対象容量「941,532MB」。1TB以下ですね。
やはり動画のデータが多いなぁ。
 
ということで、只今バックアップ中。放っておけば、特に意識することなく、バックアップしてくれます。
初回バックアップがどの程度で終わるのか? また、レポートします。
 




2 件のコメント

  • うちのプロバイダ30GB/日制限あるから
    放っておいたら制限に引っかかりそう。

  • デフォルトで転送制限かかってます。
    ADLSがまだ多く使われているアメリカメインのサービスという事もあり、バックアップに避ける帯域は簡単にコントロールできます。