転ばぬ先のSIM変換アダプタ。nano→micro&通常SIMを試す。

わけあって再掲載。
 
iPhone 5を購入される方の中には、これまでのiPhoneシリーズをお持ちの方も、多いと思います。
 
もし、iPhone 5が壊れるなどして使えないとき、緊急的にでも旧iPhoneが使えれば助かりますよね。しかし、iPhone 5は、nano-SIMっていう極小サイズのSIMを採用。これまでのiPhone 4/4Sのmicro SIM、iPhone 3G/3GSの標準のSIMとはサイズが異なります。
 

sim_06.jpg

その溝を埋めてくれるのが、SIMの変換アダプタです。
 
 


Nano SIM MicroSIM 変換アダプタ 3点セット

sim_01.jpg

 

sim_02.jpg

こちらは、nano→micro、nano→通常サイズ、micro→通常サイズの3点セット。
これがあれば(ちゃんと使えれば…)、iPhone 5のSIMを4/4S/3G/3GSに対応できます。
 
では、早速試してみます。
まず、nano→micro(4/4S)へ。

sim_09.jpg

アダプタにnano-SIMを装着。ピッタリです。
本当のmicroSIMと比べても、似てるんで、なんか行けそう。
 

sim_07.jpg

厚みもちゃんと収まっているように見えます。
では、これをiPhone 4SのSIMトレーに載せて…
 

sim_10.jpg

ありゃ、ハマらない。ちょっとアダプタがデカいです。
仕方ないので、爪切りのヤスリ部で、ちょっと削ってやると…(もちろん、トレーじゃなくてアダプタを削ります。)
 

sim_11.jpg

無事、ハマりました。
 

sim_12.jpg

これをiPhone 4Sヘ挿入。
 

sim_13.jpg

OK。認識され、ソフトバンクのアンテナ立ってます。
 
 

sim_14.jpg

同様に、nano→通常サイズのアダプタも試します。
こちらは、追加工なくハマりました。
 

sim_16.jpg

SIMトレーの着脱時は、nano-SIMが落ちないように注意。
 

sim_15.jpg

こちらもOK。iPhone 3GSで使えました。
 
 
ということで、iPhone 4/4S、iPhone3G/3GSに、nano-SIMを移植することができました。これで、緊急時に困りません。
 
ただし、今回はたまたま成功しましたが、もしiPhoneの中で、SIMがアダプタから外れちゃった、とかならないとも限りません。実際の使用は自己責任でお願いします。
 
 
ここで、1つの疑問。nano-SIM→microSIMの変換が可能であるということは、逆もまた可なのでは、無いでしょうか。
アップルはmicroSIMをカットして、nanoSIMのiPhone 5に入れて使用することはできない、という見解を出したらしいのですが(実際使えても、使えます。とは絶対言わないでしょうけど…)、この結果からすると、可能なのかも? それはつまり、ドコモのSIMでのiPhone 5使用が可能かもしれないということ??(ドコモはnano-SIMを出してない)
すでに、SIMロックフリーiPhone 5や、SIMカッターは多数で回っているので、やった人もいるのかなぁ?
 
「nano SIM変換アダプタ」を探す⇒Amazon楽天
 
 
iPhone 5関連おすすめ記事
ほぼ噂通りだけどマブしい!! これが「iPhone 5」だ!!
「iPhone 5」その凄まじいデザインへのこだわり。
ソフトバンクiPhoneユーザ→iPhone 5の場合のau VS SB 料金比較。(再々々修正)
人気のキャリアは?モデルは?iPhone 5いろいろアンケート。
どうする孫さん? iPhoneユーザがソフトバンクからauへ大量流出!!
ソフトバンクのテコ入れ策その1「テザリング」。
必読!! 恒例の発売直前実機レビューが上がり始めました。
いいとこも悪いとこも。iPhone 5 ファーストインプレッション
 




4 件のコメント

  • 出張中にもかかわらずiPhone5奪取ブログ、感心して拝見してました。お疲れさまでした。
    私は14日に6時間並んで、初日にau版iPhoneをゲットしました。
    今回あえて、LTEフラットに未加入です。通話のみのLTE用SIM運用。本体のモバイルデータ通信をonにしても、au専用のプロバイダau.netにつながることが無く、データ利用状況も上下0なんです。
    ネットはXiで対応するので、個人的にはいいのですが、
    これだけ住み分けがしっかりしてるSIMなので、おそらくau版iPhone5SIMはiPhone4では通話は不可と考えてます…
    ゲタが用意できてないので、自分で検証できてないのですが、リスキーさんなど検証報告のさわりが記載されてました…
    SBからauに変えたのは、ガラケーSIMの制限なしにiPhone4sが使える、無料通話が魅力だったのです。
    今回LTE、nanoSIMと変更で、上記の互換性の有無を懸念しての2年縛りなしプラン選択でしたが、正解だったかも。

  •  
    いつも楽しく拝見してます。
     
    「nano→micro&通常SIM」、すごく気になっていました。
    これで心置きなく機種変できます。
     

  • いつも楽しみに拝見しています。
    もしものときに使えそうですね。
    SBでこの話になりましたが、nano-simの
    在庫が全く余裕がないため、今壊れても供給不可能だから
    もう少し余裕がでるまで待ってくださいと言われました。