iPhoneは使い難い!? ボタンを排除したタッチ操作の弱点

CNET Japanさんに、期待はずれだったAppleのiPhoneという記事が掲載されていました。
 
iPhoneに関する批判的な記事は、ほとんど見た事がなかったので、この題名を見て、ちょっと読んでみたくなりました。
 
内容は、頭ごなしに批判しているものではなく、なるほどと考えさせられるものでした。
 

最大の問題は、機械的なボタンをほとんどなくしてしまったところだ。ジョブスはMotoQ、BlackBerry、PalmTreo、NokiaE62を使いづらいとけなしたが、これらが機械的なボタンを備えるのには理由がある。 Bottuns & Controls can’t chageというジョブスの言葉はたしかにそのとおりで、状態によってボタンの意味がくるくる変わるのでは使いづらいことこの上ない。だからタッチスクリーンにして適切なボタンを表示する、という考え方はわかるのだが、その代わり大切なものを失ってしまったことに気づいているだろうか?
 
それはボタンの『感触』だ。馴れた人は通話ボタンを押すときにわざわざ目でその位置を確認したりはしない。たいていは良く見ずに片手で押すだろう。しかしiPhoneではそうはいかない。画面を正面に持ってきて見ないとボタンの位置がわかりずらいし、片手だけで操作するのもむずかしい。

確かに、ボタンの位置が固定されており、なおかつ感触があることによって、ボタンを見ずに押せているというのは、今使っている携帯ではそんな気がする。
キーボード搭載の携帯は使った事がないけど、パソコンのキーボードでもいちいちキーの位置を確認して打ったりはしない。
 
そう考えると、iPhoneの操作性ってどうなんだろう?とちょっと不安になり、さらに考えてみた。
 
3.5インチという大画面に、ボタンが自由に登場するわけだけど、果たしてすべてのボタンが片手で押せるんでしょうか?
今の携帯電話は、ほとんど片手で操作できていますが、iPhoneを紹介した動画を見ると、必ず両手で操作しています。ただ、分かり易い様にそうしているんであれば、それでいいんだけど、日本人の手の大きさで、画面の隅々まで指がとどくとは思えない。
片手操作になれた人にとって、両手で操作しなければならないのは、かなりの苦痛になるんではないでしょうか?
 
まだだれも、使い込んだことのないiPhoneなので、その操作性の真価は、誰にも分からないというのが、本当のところですが…。それを確かめるのは、やっぱり買うしかない!?
 
 


 




4 件のコメント

  • こんばんは。
    個人的にはケータイやパソコンの操作って「慣れ」だと思ってるので、WindowsもMacも、スマートフォンもiPhoneも、慣れちゃえば問題ないと思います。(自分はWindowsは未だ食わず嫌い的なところもありますがw)なので様々な機種に慣れた日本のユーザ(特にiPhoneを買うような方々)なら問題ないはず。
     
    iPhoneは全ての操作を画面を見ながら行うことが前提(=Mac同様にOS XのGUIを楽しみながら操作する)になってるように思います。AppleのiPhoneのサイトを見ると「早く触ってみたい、操作してみたい」と思いますよね。
     
    日本で使える日が来てほしいものですね…。

  • 確かに以前クリエ(ソニーのPalm機)を使っていた際、直接手で液晶をタッチして使う事が多かったのですが片手では全ての操作が出来ずじれったい思いをしました。
    横幅が同じ感じなので多分iPhoneも片手で全ての操作が出来ない気がします。
    「iPhoneを買うような人達以外」に売れなければiPhoneは失敗って事になるでしょうからちょっと心配ですが、以外に携帯を両手で使う人もいるので要らぬ心配かもしれないですね。

  • tiさん
    確かに慣れかもしれませんね。早く慣れたい!!
    慣れたら、もう2度と、iPhone以外には戻れないかも!?
     
    しげさん
    今のうちに、両手でケータイ使う練習しちゃおうかな!?

  • やっぱり、慣れでしょう。私もそう思います。
    それに、片手で操作できなくても、私は気になりません。早打ちして、得する時間なんか微々たるもの。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。