Bluetooth置き忘れタグに新機能。どこで失くしたかわかります

Bluetoothのタグを鍵などに付けて、iPhoneから呼び出したり、タグからiPhoneを読んだりする製品が、いろいろ出ていますが、新たな機能を搭載した製品が登場です。
 
REX-SEEK1-X

seek1xtop-1.jpg

 


iPhoneからタグを呼び出したり、タグからiPhoneを呼び出すことができます。タグ呼び出し時の動作は、音(ブザー)、振動(バイブレーション)、光(LED)が選択できます。
 
タグとiPhoneの距離が一定以上離れると、タグとiPhoneの両方が動作し、お知らせします。たとえば普段持ち歩かない荷物は自転車カゴや網棚などに忘れがちですが、タグを荷物に入れておけば、置き忘れの際にiPhoneとタグの両方が知らせてくれます。また、いつも持ち歩いているバッグにタグを入れておくと、iPhoneの置き忘れを防ぐことができます。
 
アプリにiPhoneとの接続が切れた時間と場所を表示します。専用アプリ(REXSEEK (無料))からGoogleマップを呼び出して表示することもできます。接続が切れてタグが呼び出せないときに、便利な機能です。
 
 
接続が切れた場所と時間が分かるというのが新機能。iPhoneを無くした場合は「iPhoneを探す」機能で追えますが、これならタグの方をなくしても、無くした場所がわかります。
他にも、3D加速度センサーによる置き引き防止機能、iPhoneに最大4台まで登録できるなど、なかなか高機能。サイズも小さく、この種の製品の中では、おすすめと思います。
 
「REX-SEEK1-X」を探す⇒Amazon楽天