iPhone VS Windows Mobile

Japan internet.comさんに、iPhone 対 Windows Mobile、勝者はどちら?という記事が掲載されていました。
 
実際にiPhoneに触れ、Windows Mobileも使っている記者が、両者を比較しています。
 
ユーザーインターフェイスについては、「現時点では iPhone の UI の方が、Mac OS X よりも Windows のどのバージョンよりも優れている点が多い。」とのこと。上下のスクロールや、ボタンの大きさなど、指先で快適にそうさでき、なにより直感的な操作感があるそうです。
 
また、iPhoneがiPodドックに対応している事に付いて触れられてます。

Apple が iPhone にも同じものを使うということはいいことだ。同じドックコネクターが使われるということは、iPhone の初期導入者は立派な iPod アクセサリーセットを活用できるということで、これらのアクセサリーセットの OEM は、iPhone のサポートを無料で得られることになるというわけだ。両者にとってすばらしいことである。

なるほど、iPodユーザーが嬉しいだけでなく、メーカにもメリットがありますね。
 
しばらくiPodの新型はでないかもしれないけど、iPhoneにも対応できるなら、周辺機器メーカーの開発は、さらに活発になるかもしれませんね。
 
記事では、ブラウザ、コストにもついても触れられており、読み応えあり。
数少ない実機を使った方の意見、しっかり読んでおきましょう。
 
 


 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。