桁違い!! iPhone 5 VS ジュエルポッド 徹底比較!?

娘が誕生日にジュエルポッドダイアモンドというおもちゃを希望したので、購入しました。
(私の隠居のiPhone 3GSとかじゃだめなのか〜、とか思いつつ…)
 

DSC05142.JPG

クリスマスにも、ご希望があったんですが、手に入らないほどの人気のおもちゃでした。
 
 


ジュエルポッドダイアモンドは、セガトイズのスマートフォンみたな、おもちゃ。
タッチパネルも搭載しており、今時のおもちゃは、凄い…。その実力はiPhoneと比べてどうなのか? 徹底比較です。
 

DSC05143.JPG

アイコンだ並んだホーム画面に、ホームボタン。
 

DSC05148.JPG

ホーム画面は、左右のフリック(ここではスライドと呼称)で切替える、下段のアイコンは、常に表示など、ここまでは、一見そっくり!? な2つの違いを見てみましょう。
 
 
・サイズ

DSC05144.JPG

厚みは、iPhone 5の7.6mmの約3倍の23mmと、桁違い。
ディスプレイサイズは、2.4インチで、解像度240×320と、Retinaならず。
ちなみに、タッチパネルですが、その解像度は、横3×縦4。すなわちアイコンごとのタッチしか、判定できないみたいです。さすがに6000円ほどおもちゃなので、仕方無しか。
 
 
・カメラ

DSC05145.JPG

480×640の30万画素と、iPhone 5の800万画素とは、これも桁違い。
私が15年くらい前に初めて買ったデジカメもサイバーショットも30万画素だったなぁ。
 
ちなみに、写真の保存枚数は…

DSC05151.JPG

なんと3枚。
しかし、SDを入れると、一気に1万枚に!! さずが30万画素。だがしかし…

DSC05152.JPG

写真は、アルバムアプリでは、左右フリックで写真を切替えできるのですが、切替えには3秒かかります…。
 
 
・バッテリ駆動時間

DSC05155.JPG

アルカリ単4電池4本で、4時間。iPhoneの10時間(Wi-Fiでのインターネット利用時)とはこれまた桁違い。
電池代がかかってしかたないので、早速eneloopの単4を注文しました。しかし、eneloop使用時は3時間駆動となるとのこと。これじゃ、毎日電池を入れ替え必至。
 
さらにさらに…

DSC05156.JPG

電池交換の度に、日付、時間設定しなきゃならない残念仕様…。
 
 
・文字入力
前述したのように、タッチ解像度は、横3×縦4。これでどうやって文字を入力するのかというと、なんとフリック入力対応!?

DSC05154.JPG

指の軌跡で、ひらがなや数字、絵文字までを入力できるます。これを「魔法文字」というそうです。PalmのGraffiti(グラフィティ)を思い出しますが、その比ではない難解さ。絶対覚えられない…。
 
 
ということで、比べるまでも無かった桁違いな結果でした。
とは言え、娘は楽しく使ってので、いいんですけどね。いきなり万能なiPhoneを手にしちゃうより、このくらいのモノから慣れていくという意味でもいいかも。
…でも、嫁さんさえOKなら、iPhone 4Sあげるんだけどなぁ…。
 
 
「ジュエルポッド」を探す⇒Amazon楽天