タブレットOSシェアでAnrdoirdが首位に。低価格機が台頭

ロイターさんに、第1四半期のタブレット出荷、前年比+142.4% iPadや低価格品が好調=IDCという記事が掲載されていました。
 
記事によると、第1四半期の世界のタブレット端末の出荷が前年同期比142.4%増の4920万台となったそうです。
 
このうち、iPadは1950万台(65.3%増)で、OSシェアでは39.6%ととなり、初めてAndroidを下回ったそうです。
 
 


Androidの躍進を支えているのは、アジアの低価格品メーカーのAndroid端末とのこと。
低価格モデルと数で勝負すると、iPadはどうしても劣勢ですね。利益でいえば、相変わらずアップルがダントツだと思われますが。
 
過去の予測では、アップルの過半数割れは2015年という予測もありましたが、ここまで低価格化が進むとは、予測できなかったのかもしれませんね。