WWDC会場に「7」と「X」のバナーが登場。フォントにも注目

MacRumorsさんによりますと、WWDCの会場に「7」と「X」と書かれたバナーが登場したそうです。
 
img_5943.jpeg xbannerbig.jpg
 
 


「7」はもちろん「iOS 7」。「X」は「OS X」と思われますが「10.9」とか「9」ではないのは、何か意味のがあるのかな?
 
文字だけでなく、そのフォントや背景も気になります。
フォントは、非常に細いフォントで「Helvetica Neue LT Std」だそうです。このような細いフォントが映えるのは、Retinaディスプレイならではかも。WWDCでの、あるいは今後の、全ディスプレイ搭載MacシリーズのRetina化やiPad miniのRetina化が示唆されていたりすんのかな…。
 
「7」の文字は、カラフルに色づけされています。「iOS 7」はフラットで白黒が基調という噂もありましたが、それとはイメージが違いますね。iOSのインターフェースについては、ほとんど流出がない(怪しげなホーム画面くらいはあったけど)ので、本当に楽しみです。
 
「OS X」の背景はなんなんでしょうか。海藻?化学反応的な何か?
よくわかりませんが、これがデスクトップピクチャになるのかな。
 




1 個のコメント