NTT副社長、株主の意見に反論し「iPhoneの販売ある」。

訂正:ドコモの副社長じゃなくて、NTTの副社長でした。申し訳ありませんでした。
 
ロイターさんに、ドコモのiPhone販売、手段としてある=NTT副社長という記事が掲載されていました。
 
記事によると、NTTの渡辺副社長が、株主の「NTTはiPhoneを販売する必要はない」との意見に対して

「iPhoneを販売していないことで、結果的にドコモがやや苦戦しているのは事実」と指摘。その上で「最終的にドコモが判断することだが、当面の競争に打ち勝つための手段としてあるだろう」と述べた

さらに…
 
 
 


「3社ともアイフォーン、3社ともLTE(高速通信)、という状況になると、そこでどう打ち勝つかが中期の経営戦略の主眼だ。そこはグローバルなクラウドサービスの方向に向かうことで打ち勝ちたい」とのこと。
やっぱりクラウドサービスは自前で、という考えかな。それだと、やっぱりiPhoneいらないんじゃ…。
 
でも、株主に反論してまでのご意見(現場の雰囲気がわからんので、反論という印象だったかは不明ですが)、iPhone反対派が移動になったとい噂もあるし、次期iPhoneはあるのか?(でも、この次期でまだ、こんな様子だと、ないかな?)
 




3 件のコメント

  • タイトルですが、マスコミのように大事な部分を端折ると少し違った感じになります。
     
    NTTの渡辺副社長は、ドコモの副社長も兼務してるんでしょうか? だったら、発売の可能性は高いかもしれませんね。

  • ご指摘ありがとうございます。
    早とちりでした。修正します。
    申し訳ありませんでした。