アップルが中国でも初めて招待状送付。廉価版とゴールドで打って出る

インターネットコムさんに、iPhone 5C の「C」は、China の「C」― ブルーがあってパープルがない理由とは?という記事が掲載されていました。
 

1378364014.jpg

 


記事によると、アップルが中国のメディア向けに、スペシャルイベント翌日の11日に北京で開催するイベントの招待状を送付しているそうです。中国でこのようなイベントを行うのは、初めてとのこと。
 
なぜ今回、中国でもイベントをやるかといえば、廉価版の「iPhone 5C」。中国をメインターゲットとしているとみられます。
さらに、ゴールドのiPhone 5S。

中国ではホワイトはまた、死や葬式と結びつけられて考えられがちであり、ブラックは苦難や不幸と結びられつけがちなのだそうだ。(中略)
ゴールドは、健康、幸運、幸せを意味している。これが iPhone 5S のカラ―バリエーションにゴールドが追加された理由だ。

とのことです。
 
また、中国ではスマートフォンを「ステータスシンボル」と考える傾向もあり、Samsungは2,000ドルの携帯電話を中国市場限定販売しているそうです。
もしかしたら、ゴールドiPhone 5Sは、高額なスペシャルモデルなのかも?
 
記事では、iPhone 5Cにパープルがないことについても、解説されています。国によって、色事情もいろいろあるんですね。