なぜ今回「iPhone 5s」は予約を受付けないのか?

3キャリアともに、予約を受付ないと発表された「iPhone 5s」。
発表イベントでも、「iPhone 5cは13日からPre-order」とだけ発表されていたので、世界的に同様と考えられます。
 

LB_8494-1.jpg

これまでのiPhoneでは、予約を受付けて来たのに、なぜ今回は予約なしなのか? 考えてみましょう。
 


・予約なしでもみんな買えるくらい入荷数が多い
まずないと思うけど、これが理由だったら最高!!
いつもより数が潤沢じゃなくても、iPhone 5sに多くのお客さんが流れるという予測とか?
 
 
・行列を演出する
各地に行列ができるば、メディアも注目するし、人々も足を止める。
とか、いまさらやらなくてもいいか…。
 
 
・入荷が少な過ぎて予約を受付けられない
たぶんこれなんだろうなぁ…。
 
 
・「5s」数が少ないので「5s」の客に「5c」を予約させる
新しいiPhone欲しい!! と思ってる一般の方には、「5s」も「5c」も区別ついてないかも!? (アルファベットも小文字になっちゃったし。)
わ〜い、今日から予約だ〜!! と来店した勢いで、「5c」を予約。という作戦。
 
というのは冗談ですが、実際、テレビで新しいiPhoneを見て、13日から予約なんだ、と思ってる人には「指紋認証つきの方」も予約できると思ってる人は、かなりいるんじゃないかなぁ。
 
 
ということで、例年通り、明日が予約開始日と思っていた私は、休みをとってしまい、無意味な4連休に。トホホ。
とりあえず、明日の4時にはヤマダ電機に偵察に行ってきます。
 
 

iPhone 5c対応アクセサリを探す → Amazon楽天




2 件のコメント

  • 今回はパスと言っておきながら、やはり、指紋認証とカメラの連写&スローモーション対応の5sは魅力的ですね。やはり、行列の演出と入荷量の少なさ=ドコモにも供給しなくちゃならないから、ではないかと。
    それと、価格の安さとカラフルさで若者や女性、子供、2台目など新たな需要開拓が期待出来るので、5cが売れるんじゃないかと皮算用しているのではないかと。
    さらに5cが予約制を取っているのは、どの色が人気なのか需要予測が難しいので、予約状況から生産計画に反映しようとしているのかも、なんて予想します。