米国家安全保障局が電源OFFのiPhoneで盗聴や監視?

Gigazineさんに、電源をオフにしたiPhoneのマイクロフォンを使ってユーザーを盗聴&監視することが可能という記事が掲載されていました。
 
元CIA・NSA職員のエドワード・スノーデン氏によると、NSA(アメリカ国家安全保障局)は電源を落としたiPhoneであっても外部から操作して盗聴や監視を行うことが可能であるとのことです。
 
 

ブログの記事によるとJailbreakMeのようにインターネット経由でインプラントを端末にインストールしたり、ユーザーに届けられる前のiPhoneに手を加えることで外部からのiPhone操作が可能になるそうです。出荷前のiPhoneに細工を施すことなど不可能では?と思ってしまいますが、実際にスノーデン氏との会話に基づいて執筆された告発本「No Place to Hide」ではNSAが定期的に米国製のルータやサーバを輸出前に入手し、情報収集用のバックドアツールを密かに追加していたということが明らかにされました。

まじですか!? なんちゅうことしてんだ、米国家安全保障局!! 映画みたいなはなしですが、こんなことがありえるんでしょうか。
 
実は、日本でもこんなことが行われたりしてんのかなぁ。